うんこぶろぐ。鬱病患者うんこが綴る鬱病を治すブログです。

-----うんこぶろぐ。は利用上の用法用量を守って正しく遊んでください。-----
うんこぶろぐ。を携帯でも! http://unco.blog26.fc2.com/?m 酔狂な方はコピペしてケータイにメールだ!
うんこを登録 by BlogPeople
■うんこセレクトショップはhttp://www.g-tools.net/10/16730/
■うんこぶろぐ。をRSSリーダーで!バナーからダウンロードできるよ!■
RSSリーダー Headline-Tickerのセットアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
3月11日(土)4月8日(土)5月2日(火)
の診療風景を書き忘れていたので、
書こうと思ったんだけど『忘れ』ちゃった。

覚えてる内容だけ箇条書きで。
一応ここのところ2ヶ月以上は『寛解状態』なので、
どん底からどういう風に復帰して行ったのか、
を振り返っておきたいと思う。

『寛解状態』までにウンコは一年を要している。

ざっとこういう流れだ。

04年5月~□以前の印刷会社で爆裂に忙しくなる。
□□□□□□半年間は1日1商材を納品している勢いとなる。
□□□□□□受けてきた案件を横に流すと言うよりは、
□□□□□□ディレクション業務が大きかったので、
□□□□□□土日なし毎日終電、と言うような生活になる。
04年11月~□シゴトの谷間になり、
□□□□□□社外の3日間の研修に派遣される。
□□□□□□ここでウンコ転職を決意。
04年~12月□激務の中、一気に転職活動。
□□□□□□大体10社選考にトライ。
□□□□□□12月に内定が出る。
ウンコは鬱病についてオープンなので(職場でもね)たま~に、
病前病後で何が変わったのか?と言う旨で質問される事がある。

それは非常に変わったので、変わったと答えている。

しかしこれ、非常に伝えにくい変化なので、一度文章に落とし込んでみたいなあ、と思っていた。いい機会である。
ようちゃんの家に最後に上がった日、
その部屋の中の殺伐としていた事を思い出す。
カネに困って、
あれだけ大事にしていたパンク・メロコアのCDを売ってしまったのだと言う。
なけなしの金にしかならなかった、と言っていた。
さびしそうだった、というよりは、
なんかもう人間じゃなかった。
部屋の壁には、
ウンコが数年前に、
ルーズリーフに描いた絵が貼り付けたままだった。
何かを感じるのだと言っていた。

それから、
自分の美容師の兄にできた新しい彼女を愛してしまい、
彼氏の弟として自分をかわいがってくれる兄の彼女が眠る横で、
自分がオナニーをしてしまったこと等を、
時系列無視でウンコに語った。
ウンコも狂ってしまいそうだった。
ウンコに施せる手はなかった。

ウンコの足は、忙しくなる仕事と、ようちゃんへの得体の知れない不気味さで、そこから遠のいてしまったのだ。
それからしばらくしてようちゃんと会ったのは、
下田街道から次駅までをRと散歩していたときの事だった。
日も暮れて周囲は居酒屋の明かりと街灯にぼんやり照らし出されているような感覚だったが、
ようちゃんは死人の形見のジャージを着て笑顔でコチラに手を振っていた。そのジャージは真っ黒で、肩に黄色のラインが挿入されていた。
ウンコもRも、
そのジャージが彼に似合っている事で意見が一致した。
そんなようちゃんから貰った銀ハル一条が、
自宅のターンテーブルの端っこに今も、のっかている。

当初ようちゃんは、銀ハルを『一錠飲むな』と言っていた。
彼自身、一錠で気を失った経験があるそうだ。
それもあってか、
彼はあまり眠れなくても、
銀ハルを利用する事は稀だったのだろう。

簡単な悩みで一晩や二晩眠れない事などは誰でも経験の或ることではないかと思うのだが、彼の場合はもう少し状況が悪かった。
慢性的な不眠の上に、
あまりそれを他人に打ち明けるような事はしなかったし、
眠れなければ一人ででも新宿のクラブイベントに出かけていっていたようなのだ。
最近まで割りと好き放題言論してきたけども、
伝えたい内容がある割りに伝わらないので、
他の媒体を経由して集客しなきゃならなくなったもので、
とは言っても『ネガティブ』用語が多いと圧力も多いので、
ややPOP(社会の犬)な表記に統一することにした。
そんなわけで活病の話の最終回である。

簡単にまとめれば、
『自分では解決できない問題を軸に自分が行動する』
術を活病と呼んでいる。

これはエリヤフゴールドラットさんの著作『ザ・ゴール』のTOC理論と同じだと思ってもらっていい。
いや~分かってるんだけど、
なかなか時間が取れない、
というのは、これまでのこのブログの価値観からすると、

『ブログを書けない程忙しくしているのは、
 
        そう言う自己管理をしているからだろ』


ということになる訳で、
そうそう、まったく実際にその通り。
結構相談メールを頂く。
こういうブログをやっていてありがたいことだと思っている。

おっかない人だと思われてるのか知らないが、
やたら恐縮したり遠慮したメールが多い。
3月6日から社会人になったウンコなのだが、
同時に昨日から学生でもある。
正確には予備校生みたいな感じだろうか。

産業カウンセラー養成講座が開講してしまったのである。
昨日は開校式。
最初に断っておくのだが、
『あくまでも参考にとどめて欲しい』
本である。

あんまり内容を信仰してしまうと、
ただの自己啓発系宗教になってしまうので。

本書、
デキる会社の社員であれば難度か目にしたことがあるだろうと思う。

20060327101750.jpg

7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー (著), ジェームス スキナー (著), Stephen R. Covey (原著), 川西 茂 (翻訳)
価格: ¥2,039 (税込)
単行本: 492 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: キングベアー出版 ; ISBN: 4906638015 ; (1996/12)
この件では、
盟友ハナ氏が詳細を説明しているのだが、
パキシルの副作用のうち、
『離脱症状』『減薬症状』
に付いては、
はじめのうちは『めッちゃんこ』びっくりするものである。
10ミリグラムから0にするのが厳しいと世間的には言われているそうだが、

個人的には20から10が一番キた。
眼球を動かした瞬間に、ヒザのウラに電気が走る感じである。
睡眠中特にREM睡眠時は眼球を激しく動かすので、
悪夢に直結する。
この期間非常に苦しんだのだが、
ある意味これも『慣れ』であり、
二週間くらいで忘れるものである。
最近仕事していたので、更新なんか無理になっていた。
ネットカフェの受付に関して言うと、
前から言っていた様に、
既に『時間の切り売り』だったので、
一刻も早く
『何某か意味のあること』
にシフトさせたかったのである。

そう言う目的で、
『或る特定の条件』
を満たせる『シゴト』であれば、
職種や契約の形態に付いては二の次で、
いくつか会社をピックして伺ってみたところ、
一社、即日採用してくれたところがあった。

自称および公称カウンセラーさんのブログを十数本定点観測していて、
作者の人格を否定するわけではないのだが、
純粋に聞いてみたいことが出てくるのである。

あんたがたって結局は何もできなくない?

ということなのである。
では『活病』について具体的に考えて行こうと思う。
安易な自己啓発を薦めるわけではない。
そんなユルユルにやっても、効果などない。
受験の経験があるなら、
其れよりキツイと考えた方がいいだろう。
だって一生続けるんだから。
先週あたりから、
時間の切り売りがもったいなくなったので、
もう少し学ぶことの多い契約社員かアルバイトを、
ということで、

でかい会社のアシスタントを二社受けて、
一社はその場で採用していただくこととなり、
もう一社は最終面談までコマを進めたが、
総合点で一社目に軍配があがってしまったので、
そちらで厄介になることとした。

三月はネットカフェと掛け持ちなので、
体力は別にどうってことねーけど、
気持ち的には疲れるね。
こんなご意見を頂戴した。
メールで返信しようとしたが、
メルアドがなかったので公開する。

【 ハンドル名 】:もび

インターネット用語にとてもうといので、ときどきわからない。2ちゃんねる、
とか、読めない。
なので、わたしちょっと要領を得ないところあるけど、
うんこは、いろんなことしっていて、もっと余裕綽々で生きていけるのにと思う
。どうして、そんなにひとを、世の中を攻撃するの?
最近、
だいぶ前に流行した『失敗学』関係の本をたらたらと読み返している。

失敗を徹底活用して、
『失敗しない仕組みづくり』
を通じて
『成功に近づける』
という、
囲い漁というか追い込み漁の様な発想である。
さて前回に引き続く。
大事なことは、

自分のペースの把握と、バージョンアップ、であると述べた。

この自分の基盤を確立してから、
初めて

環境の変化を自分で起こす

これが社会復帰であるといっていい。
SKIN:Babyish-
banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。