うんこぶろぐ。鬱病患者うんこが綴る鬱病を治すブログです。

-----うんこぶろぐ。は利用上の用法用量を守って正しく遊んでください。-----
うんこぶろぐ。を携帯でも! http://unco.blog26.fc2.com/?m 酔狂な方はコピペしてケータイにメールだ!
うんこを登録 by BlogPeople
■うんこセレクトショップはhttp://www.g-tools.net/10/16730/
■うんこぶろぐ。をRSSリーダーで!バナーからダウンロードできるよ!■
RSSリーダー Headline-Tickerのセットアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
結構訊かれる話である。自作自演で行こう。
この問いは、
鬱病でない人間が鬱病のように見えるんだけども、
病院に行きたがらない場合の対策だ。

結論から言うと、
『放置せよ』
である。

※注意 このアドバイスは医学的根拠のあるもんではなく、鬱病であるウンコの老婆心である。採用の是非はあんたの責任に於いて決める事。ウンコはいかなる責任も取らない。

もしリアル鬱病であれば、症状は悪化の一途をたどる。

放置しておけば、どんどん罹患者自身の理性が利かなくなって行く事を罹患者自身が認識するし、異常行動(夜中起きてるようだ、起きてこない、食欲が減った、いつもより泣いてる様だ、電話が長いようだなどなど)の頻度が上がってくる。
しまいにゃ死人のような顔つきになるので、ほっとけば本人がどんどん苦しんでいく。

頃合を見計らって再度声をかけるのも一つだ。

悪化の一途をたどらずにいきなり『自殺』される心配はあまりしないでいいと思う。
なぜなら、最高に調子が悪くなって、少し持ち直した際に、自殺してしまうケースが多いらしいからだ。

また早期発見早期治療が大切だという意見もあるが、
本人に病気の意識がなければ、治療も糞も本人には関係が無いので、突然服薬を中止したり、逆にひどく落ち込む要素になるのではないかとウンコは思う。


悪化していかないなら、『鬱病』ではない可能性が高い。

とりあえず、傍目鬱病っぽいなこいつ、と思ったら、以下サイトのチェック項目がどのくらい当てはまっているかコチラで把握しておこう。

UTU-NET
http://www.utu-net.com/

それらの症状が悪化しているな、と感じるなら、
『投薬すりゃ楽になる』ということを強調して、
説得してみよう。

尚、病院に連れて行く際に本人の同意が必要かどうか、ということだが、
鬱病初期状態では同意が必要だ。
鬱病中期以降で、パニックなどに陥りだしたら、同意はあるに越した事はないが、なくても強制的に担ぎ込んだ方が賢明だろう。

どこの病院に行くかだが、
今後それについてもアップしておく。

とりあえず、精神科心療内科のどちらかだ。
どうしても抵抗されるなら、とりあえず内科でもいい。
内科でも安定剤なら処方してくれるのだ。


★1日1クリックのご協力を!★
スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。