うんこぶろぐ。鬱病患者うんこが綴る鬱病を治すブログです。

-----うんこぶろぐ。は利用上の用法用量を守って正しく遊んでください。-----
うんこぶろぐ。を携帯でも! http://unco.blog26.fc2.com/?m 酔狂な方はコピペしてケータイにメールだ!
うんこを登録 by BlogPeople
■うんこセレクトショップはhttp://www.g-tools.net/10/16730/
■うんこぶろぐ。をRSSリーダーで!バナーからダウンロードできるよ!■
RSSリーダー Headline-Tickerのセットアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
社会的引きこもり

社会的ひきこもり―終わらない思春期 PHP新書
斎藤 環 (著)
単行本(ソフトカバー): 222 p ; サイズ(cm): 18
出版社: PHP研究所 ; ISBN: 4569603785 ; (1998/11)
■アマゾンレビュー

内容(「BOOK」データベースより)
三十歳近くなっても、仕事に就かず、外出もせず、時に何年も自分の部屋に閉じこもったまま過ごす青年たち。今、このような「ひきこもり」状態の青少年が増えている。「周りが甘やかさず、厳しく接するべき」といったお説教や正論では、深い葛藤を抱えた彼らの問題を、けっして解決することはできない。本書では「ひきこもり」を単なる「個人の病理」でなく、家族・社会から成る「システムの病理」として捉える視点から、その正しい理解と対処の方法を解説する。


内容(「MARC」データベースより)
30歳近くになっても仕事に就かず、外出もせず過ごす状態「ひきこもり」。単なる「個人の病理」でなく「システムの病理」として捉える視点から、その理解と対処の方法を解説する。


■ウンコの感想
ひきこもりが一時期話題になっていて、鬱病の周辺病理だろうな、と想定して読んだ一冊。
結論からして鬱病の周辺病理ではなく、

結果としての鬱症状があらわれる人格、性格異常だよんという事。

対策が細かく書かれてて、親は大変だろうなあ、でもあんたがたの責任でもあるんだからしっかりね、という気分になる一冊。

読んでみて、この本が対象とする『ひきこもり』の特徴は、
回避製人格障害+境界性人格障害
のがコアになっている様だと言う事。

ひきこもりの原因を『去勢否認』という男根切除に関わる概念に宛てている事。
アナロジーとしての要は『胎内回帰願望』ってことになるんだろうか。
『去勢否認』については『自己愛』問題に直結する様だね。


★1日1クリックのご協力を!★
スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。