うんこぶろぐ。鬱病患者うんこが綴る鬱病を治すブログです。

-----うんこぶろぐ。は利用上の用法用量を守って正しく遊んでください。-----
うんこぶろぐ。を携帯でも! http://unco.blog26.fc2.com/?m 酔狂な方はコピペしてケータイにメールだ!
うんこを登録 by BlogPeople
■うんこセレクトショップはhttp://www.g-tools.net/10/16730/
■うんこぶろぐ。をRSSリーダーで!バナーからダウンロードできるよ!■
RSSリーダー Headline-Tickerのセットアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
次に語るべきは、
『大手ポータル!チャット』『メンタルヘルス』部屋でウンコが経験した数々の異常者に因る異常行動(言動、テキスト)だろう。

もともとウンコは大手ポータル!チャには馴染みがあり、
以前から『出会い』『恋愛』カテゴリーの『荒らし』として参画していた経緯がある。
『荒らし』とはユーザー個人又は複数人がチャットに参画する事を阻害する様々な行為を言う。

鬱病で死床に付いていた頃は、
自身の疾病に関しての知識も浅く、また経験も当然なかった為に、大手ポータル!チャの『メンタルヘルス』カテに通常のユーザーとして参画し、鬱病に関する情報収集を始めた。

こういう場合には『ユーザールーム』(大手ポータル!による公開ルームではなく、ユーザーが立ち上げたインディーズ部屋の事である。部屋主の意向を反映させやすく、秩序が保たれやすい事が特徴である。)へ参画する方が手っ取り早いので、気に入ったルームに常駐するようになった。
ここは大体20名前後の所帯で、部屋主は現役鬱病患者、リタリンを噛ませながら仕事を続けている中年の男性で、年収は1,000万円を超えている、いわばエリートビジネスマンだった。

が、

ウンコはこいつのことがどうも好きではなかった。
なので挨拶以外は特に会話をする事もなく、他のユーザーと話す事が多かった。
3月中旬になると、ユニークユーザーの是非が問われだした。
要するにこの部屋の趣旨を理解していない一見ユーザーが、部屋の秩序を乱すのではないか、という意見が支配的になってきたのだ。
この頃になると、ウンコはうすうす『おかしさ』に気付くようになってきた。

常連のうち発言力のある女性が、
健常者が入室してきた際に、
『鬱病と診断されてない貴方はここにいる権利がないので出て行け』
と言う旨の発言を繰り返して、退出させていたのである。

ウンコは面倒だったのでそれを『おかしい』と非難することはなかったが、成り行きに任せていたところ、この部屋はセキュアルーム(入室には既にセキュアルームに参画しているユーザーによる招待が必要)になっていた。

既にウンコは参画ではなく『観察』するようになっていた。

セキュアルームになって2週間ほどして、部屋の閉塞感を訴えるユーザーが出てきた。そして、セキュアの是非をめぐり、対立が始まった。

その頃ウンコは部屋での発言力も増し、会話の主導権を取れるようになっていたが、相変らず部屋主とは大して会話をするような事もなかった。
そしてある日突然、この部屋主がウンコを攻撃し始めた。
部屋主に対する態度が気に入らない上、これまで(部屋主に対して)挨拶した事もなかったので謝罪せよ、と言うのである。
態度の件は目をつぶっても、『挨拶をしていない』と言うのは事実無根であり、その場にいたユーザーもその誤りを指摘したのだが、部屋主は断じてそれを受容しない。
仕方なく謝罪したのだが、『僕は絶対に許さない』と発言し、速やかに退出するよう命じられた。その際その場に居合わせたユーザーはウンコを弁護したが、そうすると部屋主は『おまえが退出しないなら俺が退出して、この部屋を閉鎖する』と言い出した。
この為、ウンコは『部屋主の自尊心の為、私はここを出て行く』と宣言し、その部屋を出て行った。

この事件を契機に、『メンヘラ』って『ふつーにおかしくねえか?』という疑問が湧き始めたのである。


★1日1クリックのご協力を!★
スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。