うんこぶろぐ。鬱病患者うんこが綴る鬱病を治すブログです。

-----うんこぶろぐ。は利用上の用法用量を守って正しく遊んでください。-----
うんこぶろぐ。を携帯でも! http://unco.blog26.fc2.com/?m 酔狂な方はコピペしてケータイにメールだ!
うんこを登録 by BlogPeople
■うんこセレクトショップはhttp://www.g-tools.net/10/16730/
■うんこぶろぐ。をRSSリーダーで!バナーからダウンロードできるよ!■
RSSリーダー Headline-Tickerのセットアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
以前の記事を再掲載・・

さて、前回の記事で想定内の反論があると思うので敢えて答えておくけれど、
『自分(若しくは自分の家族若しくは友人恋人その他)は、
鬱病だけど薬を飲んで必死に仕事を続けている!守るものの為に必死に頑張ってるのに、おまえは一体何様だ!』

という反論やお叱り。

確かに、鬱病なのに仕事を継続してるのは凄い事だ。
並大抵の意志の強さ、根性ではないだろう。


実際ウンコは、どう頑張っても仕事は続けていけなかった。
言い訳がましいが、転職したての会社で、一番努力しなければいけない時期に、薬で騙し騙し仕事にもならない仕事を続けていくのは、自分を採用してくれた会社にも申し訳ないと考えていたのだ。
第一、あまりにしんどすぎて、体を起こす事すら難しく、そんな自分に起きた異常事態を放置できなかったのだ。
それを負け犬だ、頑張りが足りない、気持ちの持ちようだ、
そう批判する人も当然いるだろう。甘受しよう。

しかし、
翻って考えてみれば、会社にいける、ということは、
・薬飲んで頑張れば仕事が出来るくらいの症状だった。というケース
・薬飲んで頑張って会社には行ってるが、とても仕事になってないしんどすぎて、というケース
・長く勤めた会社で鬱病に理解があり、それなりの対応をしてもらっている、というケース

のどれかであろう。

仕事を継続する事が出来るのであれば、是非継続すべきだ
年齢や、スキル、その他様々な条件で、
どんなにしんどかろうが、しがみつく必要があるならそれでもいいと思う。
ウンコには今後、大変に不利な就職活動が待っている。
それに比べれば幸せだ、と考えるのもひとつだ。

但し、あんまりにもしんどくて、
『帰りの電車のホームに飛び込んで楽になってしまいたい』
瞬間が貴方や、貴方の大切な人にあるならば、
それはあまりに悲惨だ。
(精神的)健康あって初めて享受できる『幸せ』ではないか。

貴方や貴方の大切な人が、全く幸せを感じる事無く、自身のプライドや、自身の守るものの為だけに、自身を最大限犠牲にして、よもや自殺してしまうかもしれないような事態なのに、それを放置しておく人間に、
ウンコは『おまえ何様だ』と言いたいのである。


閑話休題。

<急性期(激鬱期)・・・ウンコの場合2ヶ月>
1、あらゆるストレスからの隔離
2、家族からの物理的隔離と家族への精神的依存
3、彼女との同棲生活
4、発作時の思考強制停止
5、徹底的な睡眠と運動停止
6、十分な食事
7、投薬
8、経済的援助


※ストレスの定義はhttp://unco.blog26.fc2.com/blog-entry-17.html参照のこと。

順番に見ていこう。
1、あらゆるストレスからの隔離
これは極力外的刺激を減らす事を指している。激鬱時期は、全ての刺激に過剰に反応してしまうのだ。音にすらびくびくしてしまう場合がある。そんな中騙し騙しでも仕事に行くなんて、悪化要因以外の何物でもない。すぐにでも診断書を書いてもらって、休職すべきだ。もし家庭内の仕事があると言うのでも、極力誰かに依頼すべきだ。とにかく布団に逃げこんで、必死にこらえるしかない時期なのだ。

2、家族からの物理的隔離と家族への精神的依存
これは、『自分』が家族に対して『申し訳ない』と言う気持ちを抱きがちだからだ。家族であるからこそ気を許せるものだが、家族だけに必要以上の心配をしてしまうものだし、そういう心配をされる『自分』は実際惨めでたまらないのだ。だからこその『入院』という手段がひとつ挙げられるのだ。
精神的依存とは、『貴方を愛している、必要としている』という相互依存のことだ。それを確認しさえすれば、いまは他にいらない。

3、彼女との同棲生活
これはウンコの場合特殊なケースだったと思う。
通常彼氏が寝たきりでうんうんうなってる姿を毎日のように見ながら世話できる出来た人間などそうそういないだろう。
これはある意味『入院』と同じだったと考えている。
まず、鬱病であっても『他人に対して世間体を取り繕う』とはするのである。なので、最大限自制心が効くのだ。
また、常に自分を必要としてくれる『他人』と言う存在は、この時期非常に重要なのだ。

4、発作時の思考強制停止
これは人にも因るのだが、鬱状態でも思考は相当過回転しており、尚且つ視野狭窄で、短絡的な思い込みをしがちだ。
なので、自動的に『自分』がパニック状態に陥る可能性がある。
もし自分で『パニック』を察知したら、慌てず騒がずに頓服をいつもの『倍』(飲みすぎると救急車なので)飲んで、ひたすら布団に包まって耐えるのだ。
もし自分に判断能力が欠如しており、そんな避難策も取れないのであれば、看護婦か看護士、家族、恋人、共同生活者誰でもいいから、『こういう状態になったら、頓服をいつもの倍飲ませろ』と事前にオネガイしておく事だ。

5、徹底的な睡眠と運動停止
とにかく何もするなと言う事だ。1を参照して欲しい。
また睡眠で脳をひたすら休める事が必要だ。仮に不眠であっても、ひたすら目をつぶって耐え忍んで欲しい。

6、十分な食事
とにかく普段どおり、若しくは普段以上に食べて欲しい。
どうしても食欲が無いなら、『鬱病ドリル』のプロテイン作戦を実践して欲しい。食わなければ、脳に栄養が行かず、結局今の状態から快復できないからだ。

7、投薬
当たり前だが、薬はきちんと服用する事だ。
抗鬱剤の場合、大体始めの二週間で副作用は収まるようなので、我慢できるなら我慢しとおした方がいい。同じ種類の抗鬱剤で、二週目移以降にやっと効果が得られることが多いからだ。

8、経済的援助
言わずもがな、働けなくなったら親也何なり、お金を工面してもらう事だ。此の際生活保護だ何だ言っている余裕はない。とにかくリソースを徹底活用して生き残るしかないのだ。

次回は<回復期>について見ていこう。


★1日1クリックのご協力を!★
スポンサーサイト
健康あって初めて享受できる『幸せ』ではないか

この場合の「健康」とは精神的な「健康」だよね。たとえ身体的に「健康」でなくても、『幸せ』を享受できているひとはいると思うので・・・。

前後の文章から、言うまでもなく精神的な「健康」を指していることはわかるのですがw、あえて指摘させていただきました。
hachi [] EDIT 
わたしの場合 うんこの あげた 課題のなかで 現実できないこともあるなあ
子供がいるってことで 激打つの姿をみせるわけにはいかないから
あかね [] EDIT 
この場合は精神的な健康の事だね。
うんこ [] EDIT 
>あかねさん
子供がいようがいまいが、マジな激鬱は動けなくなります。試してください。
うんこ [] EDIT 
激打つあるよ ねたきり たべないで 37キロまでおちて あと 体が ベランダへいこうとするが うごけないってかんじ

ただ 子供が 二階へあがってきたときは 顔だけ なるべく笑顔をつくってたけど これって 激打つじゃない?
それと ストレスの回避 だけど 子供って かわいいだけじゃなくて わがままもあるし その ストレスを回避は できなかったな
あかね [] EDIT 
理解しました。
うんこ [] EDIT 
会社にしがみつくのが多くの場合正解だと思います。
私に理解ある上司には忸怩たる思いがありますが、自分は転職し新しい生活を築こうとしています。
ファンド村上 [] EDIT 
休息は二ヶ月目からだとよく言います。
うんこ [] EDIT 
うんこおおおお!!
ヤフーブログなくなった?って
思って、、どうしたのかと思ったら、

こっちにちゃんと残ってるんだね!
ヨカッタあ☆

また、ここに顔だしますねw
チャットには中々いけないけれど・・。

今日いってみようかな・・?なで。
なでしこ [] EDIT 
もう少し上品にアカデミックな感じにする事にしました。
うんこ [] EDIT 




    
SKIN:Babyish-
banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。