うんこぶろぐ。鬱病患者うんこが綴る鬱病を治すブログです。

-----うんこぶろぐ。は利用上の用法用量を守って正しく遊んでください。-----
うんこぶろぐ。を携帯でも! http://unco.blog26.fc2.com/?m 酔狂な方はコピペしてケータイにメールだ!
うんこを登録 by BlogPeople
■うんこセレクトショップはhttp://www.g-tools.net/10/16730/
■うんこぶろぐ。をRSSリーダーで!バナーからダウンロードできるよ!■
RSSリーダー Headline-Tickerのセットアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
毎度です。ウンコです。
昨年9月から一気に書き溜めたこのブログ、
結局暇がなくなりほぼ更新できてませんw

つーかもう更新に時間を割けないのが事実。
なので無期限停止にしようと思います。

書きかけの記事も多数あるのですが、
やむを得ませんw

異常に時間が出来た場合は更新する事もあるかもしれないですが。


無期限停止に際して、
取り敢えず書いておこうと思うことだけ書いておきます。

鬱病は治ります。
 治らなくても健常者レベル以上に社会生活は営めます。

兎に角、
鬱病と呼ばれる状態は必ず治ります。
急性期、回復期、リハビリ期などと分類されますが、
多くの場合、
リハビリ期が本当に長く続きます。
その状態で一生を過ごすといっても過言じゃないかもしれない。
よくよく考えてみれば、
鬱病予備軍の健常者は、
リハビリ期の鬱病患者と大して変わらないものなので。
また、
コレまでは辛くて辛抱不能だった状態も、
経験(つまり訓練)で乗り越えられます。
そして、
薬も不要になる時期がやってきます。

でも、
そう言う状態がゴールではない気がします。
ゴールとは、コレ不思議ですが、
『今、自分が自分の状況をどう感じているのか』
が適応的であり続けることがゴールです。

健常者でも、
『辛くて死んでしまいたい』
と思うことがあると思うわけで、
その状況と、
鬱病の症状に苦しんではいるけれど、
『でも日々回復しているから幸せだ』
と思うことを比較したら、
ゴールは後者の方が近いと考えたほうが良いでしょう。

■記録を残してください。
 後で必ず役に立ちます。
∟何でも新しい地平に降り立ったら、
兎に角ビビります。
程度は性格によりますが、必ず『慣れるまでの苦労』を伴います。
特に鬱病関連の病を経験した事があるなら、
その最強に辛かった時期が一種のトラウマとなり、
必要以上に恐怖を感じるだろうと思います。
それはウンコも同じ。
未だに悪夢で叩起こされることもあります。
どうしたらいいかといったら、
ビビっていることに対しても、
どうせ何時かやんなきゃいけない事だから、
取り敢えず今、
『やってみること』です。
やってみて、
苦しかったり、辛かったりしたら、
それを克明に記録しておく事です。
明らかに『異常』を感じたら、
それは『やってみることを辞める』
必要があるでしょうが、
『コレまだできるな・自分コレまだ八分目だな』
と思ったら、それは訓練である事の方が多いと思います。
だからこその記録です。
『何に対して、何で、どう思ったか』
は蓄積されてはじめて意味があります。
日記にしろとはいいませんが、
記録しておく事は非常に重要です。

可能であれば『グチ』を書きなぐるのではなく、
単純に、
『14時間仕事をした⇒異常なめまいと頭痛がした』
程度でOKです。
後日その経過や、対応等を書き加えてもいいと思います。
また可能であれば、
『この状態を2週間継続したら慣れてしまった』
などプラスになる事実は必ず書き加えてください。
弱気な自分に対する自信になります。
逆に、
この記録が助けになって、
根性で乗り切ってしまえそうなことも、
敢えて、
『休んだり』『辞めたり』することが出来る場合があります。
クソ長い人生を生き抜く為に、
この活動を軽視しないほうがいいと思っています。
のちのち、必ず役に立ちます。

■近道ってやっぱりないです。
∟これは多くの人が言うでしょうが、
 近道はないです。魔法もありません。
TFTやツボ、頓服、安定剤の力を借りる事は非常に重要ですが、
今起きている状態や事態、事実『今すぐ』には絶対に変わりません。大事なのは、今の状態で1年、と腹をくくる事です。

ここを読んでいる方は、次のうちどれかだと思います。
・鬱病患者
・鬱病にカテゴライズされる症状の患者
・鬱病を家族・恋人・知人・仲間に持つ健常者
・自分や家族・恋人・知人・仲間が鬱病ではないかと思っている健常者
・検索エンジンから迷い込んだ方
いずれにしても折角の出会いです。

で、本題ですが、

∟初めての方は
http://unco.blog26.fc2.com/blog-entry-186.html
を参照してください。

∟お馴染みの方は続きを読んでください。

ウンコの著者は、
05年2月に、
転職を契機に突如原因不明の体調不良を訴え、
それ以降06年3月まで、
残留症状と格闘しながら、
恐らくは『燃え尽き症候群』『適応障害』等と呼ばれる、
『鬱病』の一種を経験してきました。
今尚、それに類する症状が出たり、
又、
再発の可能性におびえながら、
自分のキャパシティを広げている段階です。
正直言うと非常に辛い日々です。
楽しいかどうかと聴かれると、
それは楽しい部類には入らないですね。
楽しんでいるかというと、
それは「楽しむようにしている」と答えます。

でも面白いかどうか、と問われると、
コレはコレで面白い。

面白いって言うのは、
その状況に浸ってみて喜怒哀楽を経験して初めて、
その状況がどうであり、どうできるかが判断できる、
そういう右脳と左脳の協力作業だと思うので。

著者の周囲でも、
同じ年代で同じように体調を崩し、
上手に復職した人間や、
復職に失敗して、この先どうしよう、と思い煩う人間もいます。
幸い、
この系列の病で死んじゃった人はまだいませんが、
そう言う人もこれから出てくるかもしれないですね。
それは同情は出来るし、幾らでも助けたいと思いますが、
結局本人がどう考えるのか、に基づくと思います。

また著者は一人身で、
養う誰かがいるわけでもないから、
自分だけの心配をしていればよかった、
という救いもあります。
家族があり、
大黒柱である自分がそう言うシチュエーションに陥ったとしたら、
著者は彼に同情・共感する事は出来ますが、
経済的な問題や、社会的な問題について、
何もして上げられないのが現実です。

どんな出来事にでも、
その人なりにステージが用意されていて、
そのステージ上で主役をとったその人自身が、
その人自身のシチュエーションを、
『どう感じているか』
が最も重要だ、という事に尽きるのではないかと思います。

当たり前の事ですが、
主人公は、
鬱病やそれに類する症状に出会ってしまったとしたら、
それを治す事に苦労します。
主人公は、
鬱病やそれに類する症状をある程度克服したら、
次に社会復帰に至る段階で、苦労するでしょう。

苦労=挑戦です。
鬱病関係に於いては、無理は禁物といいますが、
どこまでが無理で、どこからが無理かを見極めるのも、
これは苦労であり、挑戦です。

最終的に思ったこと、
コレって言うのは、
程度問題ですが、
今ラクをしてしまうと、後で苦労するのは絶対だ、という事です。
しかし、しないでよい苦労は進んでするな、という事でしょうか。

今すべき苦労、って大体自分自身で分かると思うんですね。
分からない場合、周囲の人がこう思ってることが多いです。
『何で今それにそんなに必至になってなきゃならないの?』
と。
その辺が判断基準になることが多いように思います。

まあ、
いずれにしても、
一緒に適当に、頑張っていきましょう。



★1日1クリックのご協力を!★
スポンサーサイト
鬱で自殺未遂を起こしてから半年くらい経つ者です。
耳が聞こえなくなり、記憶ができなくなり、判断が
できなくなり、そのうち立ち上がれなくなり、部屋で
倒れて、それでも仕事を続けていたのですが、ふと
死ねば楽になる、と思い、自殺しようとして、鬱病と
診断されました。

このblogを見て、すごく・・・なんというか鬱と
付き合っていける道もあるんだな、という感じがして
読むのを楽しみにしていました。

でも、余裕が無いというのは、わかります。動ける
時間が限られている以上、ToDoを取捨選択して
断ち切る事も必要ですね。

今、私は薬の力を使って何とか動ける時間が8時間
位です。これ以上動けといわれても、絶対無理、
というか、人間的な思考を切り離せば動けるのですが、
あとのきつい反動が待っています。

薬を1日飲まないだけで、本当に寝たきりです。

気合が足りないとか、やる気が足りないとか、時々
周りから言われることもあります。親切心から
怒ってくれてるんだとわかってはいるのですが、
かなり凹みます。が、そういう問題じゃないんだ、
本当に動けないんだ、と理解してもらうのは大変
です。私は諦めて、しばらくその人とは距離を置く
事にしました。

過去ログ等も、色々と参考になることがありますので
blog自体は残して欲しいです・・・

できれば、たまに数行でも書き続けて欲しい・・・
です。鬱から復活できるんだ、という、何と言うか
希望のようなものを持てますので・・・
楊枝 [] EDIT 
初めまして。

本当の話、
死ねば楽になると思います。
但し苦楽の判断を超越した状態なので、
その状態が今よりマシかどうか、
って問題はありますが。

ITエンジニアの心の病、
とかいう本があって、
これ非常にいいこと書いてあります。
確か一行なんですが、
『治療は、治ると信じて淡々と』
と。

これは名言です。
大概は快方に向かうものですが、
(この点で0か1かで言ったら1です。)
その基底にある時間の軸の上に、
さまざまな関係性が乗っかっており、
関係性が関係性を生んで、
そういうのを状況とか呼ぶわけですが、
状況には自分やそれ以外の判断が関わり、
判断の相関がまた状況を再生産していく、
そういう面倒な図式があります。
それらの要素がほぼ、ヒト・モノ・カネです。
だから、健康は取り戻せても、
その間に失うものは事実多いだろうと思います。
僕の場合は幸いなことに、
一年間無職だったので死ぬほど貧乏になりました、
というのと、職を失って、再就職したけれど、
年収は70万円も下がりました、
しかも前より割りとハードです、
見たいな状況を食らってクラクラしてますが、
しかしながら、
その瞬間にも自分は生きており、
生きている以上は何かしらのチャンスがあり、
やりたいことできることがあり、
であるとするならば、
思考の上だけでも淡々と01でやっていく方が、
少なくとも効率的でしょう。

一緒にがんばりましょう。
がんばれというより、
多くの仲間がいる病なので、
みんなでがんばらざるを得ないというわけです。


資料的価値がないブログではないと思うので、モノ自体は残しておきます。
また、
注目すべき話題があれば随時更新するつもりです。
中途半端な出来なので、
ブラッシュアップもしていく予定です。
うんこ [] EDIT 




    
SKIN:Babyish-
banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。