うんこぶろぐ。鬱病患者うんこが綴る鬱病を治すブログです。

-----うんこぶろぐ。は利用上の用法用量を守って正しく遊んでください。-----
うんこぶろぐ。を携帯でも! http://unco.blog26.fc2.com/?m 酔狂な方はコピペしてケータイにメールだ!
うんこを登録 by BlogPeople
■うんこセレクトショップはhttp://www.g-tools.net/10/16730/
■うんこぶろぐ。をRSSリーダーで!バナーからダウンロードできるよ!■
RSSリーダー Headline-Tickerのセットアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
いや~分かってるんだけど、
なかなか時間が取れない、
というのは、これまでのこのブログの価値観からすると、

『ブログを書けない程忙しくしているのは、
 
        そう言う自己管理をしているからだろ』


ということになる訳で、
そうそう、まったく実際にその通り。

現在、
ミッションを仕事以外に2つ抱えていた。
それというのが、

・あるクリエイティブ系の資格の更新試験
・初級シスアドの試験
・産業カウンセラーの学校

で、

どれかが

必ず3つ重なってしまうような状態

だったわけ。

でね、
これ無理すれば不可能じゃないんだろうけど、
(というか今まで其れが当たり前だった。)
今回はちょっとそれこそ自制してみようかなあ、と思ったね。

二週間いろいろ平行する状態が続いたんだけど、
昔大学で経済学の先生が言っていた通り、

人間の一日の行動目標のうち完遂可能なのは上から二つだ

という話はマジだね。これほーんとマジ。

自然界でも『べき乗則』ってのがあって、

べき乗則
"Power Law?"の日本語訳。一般的には、ある観測量がパラメータのべき乗に比例することを指す。

もっとも典型的でよく研究されている例としては相転移現象があり、比熱や帯磁率などが特異的な温度に接近するにつれてという形で発散し、ちょうどにおいては距離r 離れた場所の物理量の相関関数がという形で減衰することが知られている。

特に「べき分布」は最近流行のキーワードで、ある量が観察される確率がその大きさのべき乗に比例することを指し、様々な物理現象やネットワークにみられる。ウェブでいえば、ノード(ページ)の持つリンクの数の-3乗程度に、その数のリンクを持つノードの出現頻度が比例するという法則。この法則の記述でいえば、リンクの数が2、3程度のノード(ページ)は無数にあるが、100以上のリンク、1000以上のリンクとなっていくにしたがって頻度が極端に減少していくことになる。

ネットワークの数学的な解析からいえば、ランダムネットワーク、スモールワールドネットワーク、スケールフリーネットワークの3種類に類型されているうちの、スケールフリーネットワークで随伴的に見出されることが証明されている。

冪分布の一番の特徴はこのように特徴的なスケールを持たない、ということになる。たとえばある関数 y=f(x) のグラフを横に a 倍拡大すると y=f(x/a) となるが、これを今度は縦に適当にスケールしてもとのグラフと重ねることができるか、ということを考える。f(x) = c・f(x/a) という条件式になるが、これを充たすことができるのは冪関数 f(x) = のみであることが分かる*1。n は非整数でもよい。実際に様々な現象で非整数の指数が観測されており、この値を理論的に説明するのが相転移などを扱う統計力学の中心テーマの一つとなっている。スケール変換した場合の効果をパラメータの変化に置き換える繰り込み理論によってこの研究は大きく進展した。

未解決の問題として、たとえば乱流の場合はエネルギーが長さスケールの-5/3 乗に比例することが知られているが、なぜこのような指数が出てくるのか未だに明確な理論的説明はない。また動物の代謝熱は体重の 3/4 乗に比例することが知られているが、これもその起原は未解決である。

最近は経済、バイオ、インターネットなど様々な分野で、特に多数の要素がたがいに影響しあって微妙な均衡を保っていると考えられる場合に冪分布が見いだされるという研究が非常に流行っている。冪であることを示すには両対数グラフを書いた時に直線になればよいが、どんなグラフでも横軸が1、2桁の幅しかなければ直線に見えなくもないので注意が必要である。

<参照>

ISBN:4140807431

*1:縦横の拡大は両対数プロットでは上下左右への平行移動に対応する。平行移動して元のグラフと重なるのは直線のみだが、両対数で直線のグラフは冪関数である

出典:http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%d9%a4%ad%be%e8%c2%a7

確かに『時間』という有限な中に、
『無限に出来るやれること』があれば、
選択した行為の『量×質』のグラフも、
この法則に従うだろうからね。

という壮大な言い訳をして、
シスアドは無念ではあるが10月にまわそう。

五千円もったいねーな・・・・・・・・・・。



★1日1クリックのご協力を!★
スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。