うんこぶろぐ。鬱病患者うんこが綴る鬱病を治すブログです。

-----うんこぶろぐ。は利用上の用法用量を守って正しく遊んでください。-----
うんこぶろぐ。を携帯でも! http://unco.blog26.fc2.com/?m 酔狂な方はコピペしてケータイにメールだ!
うんこを登録 by BlogPeople
■うんこセレクトショップはhttp://www.g-tools.net/10/16730/
■うんこぶろぐ。をRSSリーダーで!バナーからダウンロードできるよ!■
RSSリーダー Headline-Tickerのセットアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
最近、
だいぶ前に流行した『失敗学』関係の本をたらたらと読み返している。

失敗を徹底活用して、
『失敗しない仕組みづくり』
を通じて
『成功に近づける』
という、
囲い漁というか追い込み漁の様な発想である。

多くのトップダウン式問題解決法は、
『何が問題』であるか『何が解決』であるかを、
ある程度明確にして、
そこから樹木のように下へ具体策をぶら下げていくモノである。

例えば、
_____病気を治す_____
  ↓         ↓
 薬を飲む     食事をとる
  ↓         ↓
パキシルを飲む  たんぱく質を多めにとる

のような感じだ。

この精度を高める為に、
かつてどの様なエラーが生じていたのかを徹底的に、
ケースとして学習しておく事が重要なんである。

仮説はあくまで仮説なので、
当然予期しないエラーが起こりうるのだが、
失敗ケースを学ぶうちに、
検証するまでもなく失敗する仮説の萌芽を、
より早く発見する事が可能になるというわけだ。

上記で言うのであれば、
たんぱく質といっても、
ここではアミノバイタルを摂取しても役に立たない、
という情報である。根拠は『鬱病ドリル』に詳しい。

で、
うんこぶろぐというのも、
非常に大きな失敗談の総体として考えてもらっていいと思う。

どんな失敗だったかといえば、
これまでまともに病気をしたことがなかったウンコが、
自己管理に失敗して、
メンタルを病んでしまうほどに自己を酷使してしまった、
という失敗談なのである。

その代償として、
時間ベースで、
1年以上を無駄にし、
金額ベースで、
およそ300万円以上
・・其れこそ年収分を浪費したのである。

しかし、
この失敗を通じて得るものは雑草一本として見逃さないよう、
努力を継続してきた事で、
どうすれば状態が悪化し、
どうすれば状態が改善したのか、
という『ケース』の蓄積は可能となった。

今後増大するであろう、
過労から来るバーンアウト的メンヘラーが、
どうやってそこを切り抜けていくべきか、
という視点でブログを書いていくにつれて、
同時に、
自分に対して健康が何を求めるのか
がかなり明確になったように思うのである。

結論から言うと、

『活病』

というスタンスである。

次回に詳細を。



★1日1クリックのご協力を!★
スポンサーサイト
久しぶりにきたー
これいいこと書いてるね。
4月になったら首都圏に居るのでうんちゃんとは一度会ってみたいな。
Quinine [] EDIT 
お前なら別にあってもいいわ。
8も呼ぶか。
うんこ [] EDIT 




    
SKIN:Babyish-
banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。