うんこぶろぐ。鬱病患者うんこが綴る鬱病を治すブログです。

-----うんこぶろぐ。は利用上の用法用量を守って正しく遊んでください。-----
うんこぶろぐ。を携帯でも! http://unco.blog26.fc2.com/?m 酔狂な方はコピペしてケータイにメールだ!
うんこを登録 by BlogPeople
■うんこセレクトショップはhttp://www.g-tools.net/10/16730/
■うんこぶろぐ。をRSSリーダーで!バナーからダウンロードできるよ!■
RSSリーダー Headline-Tickerのセットアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ほんで、

BPDであるということ、ないということ、
余りこれは重要ではない。

BPDの特性を有していても、
精神科にお世話になることがなければ、
BPDと診断される必要性がない。

単純に極端で変わり者

という扱いを受けるだけですむからだ。

ウンコもBPDの基準に当てはまるし、
バルクタスクに対する、
誇大自己防衛でストレス過多になった、
と見る一種のBPD的鬱発症であったと考える事は容易なのだ。
面白いことに、それって、

『とにかく自分の大量に背負った責任を、
      全部自分の責任でw何とか処理しなくてはならない状況』


では誰しもが陥る可能性のある状態だということである。
自己防衛的にならざるを得ないからである。


何度も言うように、
問題になるのは、
本人の、
自分がBPDである、
という主観的な認識の有無に関わらず、

何か主観的な問題意識を抱えているかどうか

が最大の焦点なのだ。

この前ヤフチャのある参加者と話しをしていて、
『かわいそうだなぁ』とは思ったけども、

過食嘔吐など10年来の付き合いで、
別に問題だとも思ってない、


という強がりかわからんがその主張が印象的だったのである。
本人が自分の過食嘔吐を『かわいそーだ』と思っちゃいないのであれば、周囲がいくらかわいそうで、治してやろうと思ったところで、
無駄というか迷惑である。本人にとって。

BPDに関して教科書的な言えば、
生育環境の機能不全を要因とする、
幼児性のキャリーオーバーとみなす場合が多い。

幼児性、要するに、
自己中心的で、
何でも自分思い通りにならなくては『いけない』し、
誰からも必要とされなければ『ならない』という志向であり、
同時に、
思い通りにならないと『破壊』する志向。


糞ガキは、
レゴブロックをうまく作れない場合に、
手にしていたつくりかけ不良レゴを破壊する。
自己憐憫に浸りたい場合(親に慰めを請いたい場合)は、
自分の頭を壁に打ち付けるなど『演出』を行う場合もある。
この演出は、意識的・無意識的両方の領域で発動するように観察される。
なぜならこれはウンコの幼少の記憶だから

理性ある大人であれば、
外部を破壊するのは『大人気ない』という理性(恥の意識)から、
『自分を破壊する』という志向で自傷、
という考えもあるが、
ウンコはここまで『システマティック』だとは思わない。
衝動的であることの説明になっていないように思うのである。

問題は、
BPD的人格・性格で、
且つストレス耐性(そんなもんがあるのかは知らないが)の弱い脳を搭載した人間の場合、
ほぼ確実に周囲から浮くBPDだけに、
社会不適合⇒鬱病
と相成った時点からの、

『治療の困難さ』

である。

BPDで且つ鬱病であれば、
鬱病という名の免罪符を得られるのである。

『病気だからしょうがない』と。

そして、
『病気は治さなければならない』のであり、
『病気を治す過程での苦悩は美談である』
という強烈な効果を発揮するのである。

腕を切るのも、
破壊するのも、
薬を大量に服用するのも、

それらは鬱病の症状ではなく

BPD的性格の所産であるし、

既遂しない自殺未遂もそうだと思うし、
自己憐憫糞ブログもその一環ではないかと思うのである。

自己憐憫糞ブログの場合、
免罪符強化ツールがたくさん転がっているのだ。

・鬱病
・なんたら神経症
・なんたら障害

これらは、
まず病気であるという免罪符。

・自傷
・OD
・症状の羅列

これらは、病気であるという免罪符の強化である。

・こころ(の病気)
・やさしさ
・苦しみ、苦悩
・孤独
・ゆっくり
・がんばらない
・ワタシはこんなにがんばっている(努力している)
・治る、治す
・心配してくれる皆さん
・大切にしてくれる皆さん
・理解…理解しあう、理解できない、理解されない

これらは、免罪符の共有と、信仰告白である。

逆に言えば、
心の優しい人、分かり合える人は、免罪符を共有(承認)している
            ↓
免罪符を持っていると、自傷行為、破壊行為は許される
            ↓
なぜなら免罪符には『わたしは病気です』と書かれているから

ということである。

免罪符を承認しない人間は、

蚊帳の外にいるのである。

蚊帳の中は、
自信を持って病人であるという、
社会からの需要をまっとうできる、
ぬるま湯環境が特徴なのだ。

本人が錯乱して暴れ、
破壊し、
泣き喚き、
体を切り刻み、
薬を大量に飲んで、
遺書を乱発し、
殺してくれと叫んでいても、


それは免罪符の威光を利用した、

茶番もしくは漫談

だと早く見抜くべきなのである

そんな便利な免罪符を手放したくはないのが、
人間性なのではなかろうか。

嘘病の病巣は深い。

もはや社会システムの一部なのであろう。



★1日1クリックのご協力を!★
スポンサーサイト
いわれて見ればそうかもなぁ~。
うちも自傷を繰り返してきたけど、その時医師に「そんなことだからボーダーだって言われるんだよ」って言われたし。
最近は自傷行為が破壊行為に変わってきたし、あたしも歳をとったなぁ・・・(謎。
しろく [] EDIT 
お笑い人生だね。
うんこ@リストア [] EDIT 




    
SKIN:Babyish-
banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。