うんこぶろぐ。鬱病患者うんこが綴る鬱病を治すブログです。

-----うんこぶろぐ。は利用上の用法用量を守って正しく遊んでください。-----
うんこぶろぐ。を携帯でも! http://unco.blog26.fc2.com/?m 酔狂な方はコピペしてケータイにメールだ!
うんこを登録 by BlogPeople
■うんこセレクトショップはhttp://www.g-tools.net/10/16730/
■うんこぶろぐ。をRSSリーダーで!バナーからダウンロードできるよ!■
RSSリーダー Headline-Tickerのセットアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
相変わらず、
鬱病のままでいたくてしょうがない人間には評判が最悪のうんこぶろぐ。だけども、

鬱病を理由に様々な可能性を放棄するのは各自の勝手だから、
好きにしたらいいと思うので
、あえて苦言は呈さないが、

今日はこんな批判をまたいただいた。

当ブログは、
ウンコが本で得た知識の羅列に過ぎないブログであり、
ウンコ自身の言葉で書いてないから読む価値なしと。

こういう救いようのないバカの為に、丁寧に説明しておく。

真相は逆だ。

人間は何かをするにあたり、
まず学ぶ事からはじめるわけで、
その方法は『経験すること』以外には有り得ない。
『知らない』ことは最初から『できない』のである。
できていても、
本人はそれを『できた』とは思っていないだろう。
呼吸をできた、と意識できたのは、
呼吸という概念を学んで初めて成り立つのである。
もっと言えば、できる、という概念(観念)を学んで初めて、
できるのであるが。

知る、という事だが、
それは本を読み、媒体を活用し、人から話を聞いて、
誰かの『経験』を共有しようと努める事でもあるし、
実際に動いて『経験』してみる事でもある。

取扱説明書を読まずに、
精密機器を『実際に動いて』、
いじり倒して、正常に動作しなかったばかりか、
破壊させる場合もあれば、

サーフィンのHOWTO本を丸暗記して、
いざ海で高波に巻かれておニューの板を折る事もままある。
筋肉不足で潮目にはまり遭難して死ぬ事もあるだろう。

これらは学び方の方法論、作法の問題なので、
どちらがいいとか悪いとかではなく、
どちらがバカに見えるか、
笑いが取れるかどうか
という問題に過ぎない。

いわば、

要領の問題である。

要領よくやりたいなら、

まずは、

仮説を立てて、

最も簡単に且つ確実に『やれる』方法、作法を、
『自分で考える』という動作が必要だ。

仮説検証とも言う。

この仮説立てに、
他者の経験を共有しようと努力する事は非常に役に立つ。
つまり情報収集である。

先ほどの例で、
片方は情報不足で、
片方は実力(現場力)不足で失敗したかにも見えるのだが、

実は、

両方とも情報収集不足の為に失敗しているのである。

ひいては、
得た情報から立てた仮説が間違っていたから、
失敗したのである。

そして仮説検証が不足していたために、失敗したのである。

で、
情報は『試してみる』より効率よく集める方法があり、
それは『言語による情報収集』である。
本を読んでもいいし、
媒体を使ってもいいし、
誰かに話を聞いてもいい。

未経験の分野に果敢に挑んでいく事は大切だ。

自分が実際に経験し、
構築してきた『自分の世界』にすがることで、
自分の『あり方や存在』を肯定しようとする事は、
まったく生産的でないし、価値があると思えない。

常に、アップデートを掛ける姿勢がなければ、
『自分の世界』は同時代性を失い、汎用性に欠けてしまうのである。


愚直に『自分の世界』を防衛する事が、
果たしてかっこいい事だろうか。

ウンコにはむなしく思われてならない。

仮説の検証材料を『自分の世界』だけに求める事は、
特に、
コレまで失敗経験がある『コト』を、
克服する際に障害となる。

同時代性の獲得、という意味で、第一歩は簡単である。
活字を活用すればいいだけのことなのだ。
幸いにして今はネットがそれを援用してくれる。
ハイパーリンクが放射思考を助けてくれるだろう。

本くらいは読んでみようか?



★1日1クリックのご協力を!★
スポンサーサイト
本を読んでも解らない⇒読まない⇒悪循環

という構図を打破するには本人の意思以外無いと思うんだけど何かいい方法ある?
Quinine [] EDIT 
本人に、劣等感と、プライドがないと駄目だろうな。

現状を本気で変えたいと思ってるの?
と周囲が詰め寄るしかない。

場合によって病人は死ぬだろうけど。
うんこ@リストア [] EDIT 
手術とは死が付き物なのに、鬱に対しての手術(嘘病狩的発言等)はなんで痛みを伴う事が悪い事のように言われるんだろうか。
自分で答えを見つけないと鬱なんて治らないと思うけどな。
たとえその行為に痛みが伴うとしてもね。

プライドがありすぎても困りものだけどね。自分こそが正しいと居直るし(笑
劣等感が無くても居直るのでどうしようもないね。
Quinine [] EDIT 
劣等感とプライドが同居していないと駄目、という事かなあ。

プライドが高いのに、実質何もできていない自分に対する劣等感を、自覚している奴ってコトだね。

それは最早人格矯正の領域だろうな。
教育というか。
うんこ@リストア [] EDIT 
 プライドだけは高いのに、劣等感が無いせいで出来ない事に対して最初から「無理」とか「必要無い」と切り捨てる人が居た。
 他にもプライドは多少あるけど劣等感の塊で『個性』とか『オンリーワン』で片付けようとする人が居た。

 前者はプライドずたずたにされた後、次の彼氏からも同じ事言われて考えを改めたようで、今は前向きに生きている。
今は良い友人関係だ。
 後者は未だに同じような集団のぬるま湯の中で連帯感を見出して思考停止している。『優しさ』と『甘さ』を吐き違いしてるようだ。
Quinine [] EDIT 
前者はウンコが社会人になったときにそう言う感じだった。
今は楽しんで生きてるね。

後者は、
個性が所与のものであるという、
自分のよりどころが平均である事に気づき、受容するまで前進はないだろうね。
うんこ@リストア [] EDIT 




    
SKIN:Babyish-
banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。