うんこぶろぐ。鬱病患者うんこが綴る鬱病を治すブログです。

-----うんこぶろぐ。は利用上の用法用量を守って正しく遊んでください。-----
うんこぶろぐ。を携帯でも! http://unco.blog26.fc2.com/?m 酔狂な方はコピペしてケータイにメールだ!
うんこを登録 by BlogPeople
■うんこセレクトショップはhttp://www.g-tools.net/10/16730/
■うんこぶろぐ。をRSSリーダーで!バナーからダウンロードできるよ!■
RSSリーダー Headline-Tickerのセットアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2005年11月08日
23:33 ウツ
投稿者xxxxxx

ウツって、ちょっと、特殊な病気だよね。
頑張っちゃいけないんだって。
でも、誰だって生活がある。
学生みたく余裕ある人たちばっかじゃない。
焦るよね。
頑張らなきゃ生きていけない。
誰も守ってくれない人だっている。
それに、ココロが侵されていくんだから、死にたくなったりもする。

私はウツじゃない。
『鬱状態』なだけ。
それは自然に治るかもしれない。
誰でも凹むことくらいある。
私は今、ほんのちょっと凹んでるだけ。

そいで、ちょっと自傷癖があるだけ。
血が好きなだけ。
だから、何の問題もないんだ。

だからなんだって言うわけじゃないけど、
自分が何で病院にかかってるか最近わからなくなってきて、困ってる。
なんで薬なんか飲んでるの?
この薬が開発されるために何匹の動物たちが殺されてるかわかってるの?

…くすり、のみたくない…
これに対して・・・

2005年11月08日
23:44 うんこ | 削除

鬱病はココロが冒される病気ではないよ。
何度も言うようだけども、
脳の特定部位の機能障害だよ。

ただし、通常の生活が送れなくなる要因トップ10には余裕でランクインする病気だね。

うんこ自身は最近、
近眼をメガネで矯正するのと同じで、
鬱病も薬で矯正して、
病気とは呼ばない方向が、
実は、
鬱病を治す秘訣だと思ってるけどね。

2005年11月09日
00:03 xxxxxx

そうかぁ、ココロじゃないんだぁ。
でも、感じるところは頭じゃなくてココロでしょう?

私は、薬を飲まないとやっていけないのかぁ…
じゃぁ、この、実験に使われた動物たちを悼む気持ちが風化してしまっても、それからもずっと飲みつづけなくちゃいけないのかなぁ?

最近は薬に手を合わせて飲むことさえ忘れて飲むことも多くなってしまっている薄情な私…

2005年11月09日
00:13 うんこ | 削除

感じると呼ばれる機能は、
5感(6感以降も否定はしないけど)を通じてインプットされた『刺激=ストレス=情報』を解釈する『脳』を媒介にして実現するものだよね。

思う、や考える、というのは、
経験を言語によって再構築する脳の活動だよね。

以上から、
ココロと呼ばれるコトバも脳の産物で、
恐らく実体を持たない『信仰』だと思うよ。


2005年11月09日
00:21 xxxxxx

うんこさんは、どこまでも真実を貫いて、幻想や思い込みを否定するタイプなんですね。
でもそう考えていたほうが、私にはわかりやすいんです。
信じやすい、って言うのかな…?うまくいえないけれど、やっぱり、頭で考えているとわかっていても、ココロは胸のあたりにある気がするし、ココロはやっぱり攻撃を受けたら胸が痛いと思う。
ココロは確かにあって、それは確かに一人一人違って、刺激を与えれば反応するナマモノなんだと思いますよ。私は。

2005年11月09日
00:42 うんこ | 削除

なるほど。
ココロを破壊する様な発言を以下にするけれど、
気にしないでね。

ココロの存在は文学的に尊重できるけども、
その信仰は『鬱病本体』を見失わせる原因だね。
そして『鬱病』を治さない理由となって、
『メンタルヘルス』の存在理由となって、
ココロが消費される対象となる理由になるんだろうね。


★1日1クリックのご協力を!★
スポンサーサイト
「学生みたく余裕ある人たちばっかじゃない。」
ちょっとコレがひっかかっちゃいました。
鬱の話とはずれていますが。
・・・私は学生ですが、余裕はありませんっ!

えっと話を戻しまして、、
「薬で鬱病は治らない」というのをどこかのサイトで読みました。(スイマセン、どこか忘れてしまいました)
薬はただ、その時の状態を一時的に回復させる為のもので、完全に治すには周囲の長い目での協力と時間しかないということも。
でも、こうしてブログに自分の状態を書けているうんこさんはスゴイなと思います。
父の知り合いでは鬱の人が多く、一日中何もせずに布団に寝転んでいるらしいです。
私も高校生の時、精神病院を進められるところまで鬱になってしまったことがあります。結局、引越しとか大学進学の手続きとかで慌しくならざるを得なくなった結果、母さんに「そういえば、精神病院は?」って聞かれた時に、なんだか気持ちがスーッとなって「あ~、やっぱいいわ。」てなことになりました。治ったのかどうかいまいちですけど、鬱ってある意味不思議な病気だなと思いました。鬱病者の環境が変われば何か変わるのかもしれません。

私もココロは物理的に存在しないと思います。
脳が全てを作り出しているから。
「胸が苦しくなる」「ココロが痛い」、これらは何かを見たり聞いたりしたことが脳へシグナルを送り、脳がそれ相当の答えを体に送った結果であると思います。
実際、病院で「先生、胸が苦しいんです。」とか言うと、先生はまず胸部の検査をして、以上が無ければ脳の検査を行うはずです。
ただ、ココロは物理的には存在していなくとも、想像物として存在はしていると思います。
その想像物の根源は、又、脳内の刺激によるものですけれど。

長くなりました。
Ma[rl]ina [] EDIT 
>この薬が開発されるために何匹の動物たちが殺されてるかわかってるの?

自分が死ぬか、他の生物の命を頂いていき続けるかでしか無いですよね。
罪悪感は個人の意思、けれども理由にはならない気がする。

>実験に使われた動物たちを悼む気持ちが風化してしまっても、それからもずっと飲みつづけなくちゃいけないのかなぁ?

俺には免罪符に見えた。
治す気あるのか?って思う。なんか他に理由を転嫁しているような気がしてならない。
この人、人格障害から来るうつ病か嘘病じゃないの?というのが正直なところ
Quinine [] EDIT 
うんこ誕生日おめでとう!
てかさ、病気以前に性格(人格)治す必要がある人が多すぎるな
あれってやっぱ、環境なのかなぁ?
理解に苦しむわ・・・
あなたのB [] EDIT 
アチシとのやりとりですね。
うんこさん、アチシは怒りませんが、人の文章を他のところに使うときには一言いったほうがいいと思いますよo(^-^)o
これは、アチシの正直な気持ちです。
うんこさんに嘘病って言うのを教えていただいてから、『確かに自分嘘病かも…』って思いはじめました。
アチシは先生に言わせると軽いボーダー+依存性人格障害らしいです。
鬱状態ではあるけど鬱病ではないって言ってました。
薬で治らないならもう飲みたくないのも正直そうですし、後何年のみ続けなくてはいけない不安があるのも本当です。
人格を治せばいいんですか?
ではそれはどうやって治せばいいんですか?
治るんですか?
治ってしまったら今のアチシはどうなってしまうのでしょう?
どなたか教えてくださいませんか?
さかてまん [] EDIT 
僕は、あいかわらず自傷とか自殺願望とか被害妄想があるのにお医者さんから睡眠薬以外の薬をもらえなくなりました。「治らない」もしくは「俺の仕事じゃねーよ」というお墨付きをもらったと思います。一生苦しむしかないんだと思いました。だから、自殺願望は強くなりましたね。神経科や心療内科、精神科はこういう人を救う場所ではないんですよ。薬で治る人のためにある場所なんです。心の病気ってのは、ようするに脳の病気なんですね。傷ついた心を癒す場所ではないんですよ。僕たちは自分で自分を救うか、もしくは殺すしかないんではないでしょうか。

人格障害は周りの環境によっては良くなるそうですよ。もし、あなたに心の耐力があるなら、そっちに希望を持ってみるのも悪くないと思いますよ。
UNDERGODxYOUxBASTARD [] EDIT 
薬で抑制されるのは鬱状態である部分。
それ以上鬱が酷くなるのを抑制している状態では。
人格は薬じゃ治らないと思います。
性格や人格を変えるのってモノの見方・考え方を変える習慣を付けるしか無いのでは。
治るかどうかは知りません。
貴方次第ですし、環境要因もかかわってくるでしょうし。
治ってしまったら、今の自分から子供の頃の自分を見るような感じになるのでは?
「あ~、あんな頃もあったなぁ~」

にしても「治ってしまったら」って治りたくないような言い方に思えてしまう。
変化するのも現状維持するのも嫌ならどうしたいんでしょう。

ネットの情報は参考程度に。鵜呑みされる事の無きよう。
Quinine [] EDIT 
Quinineさんのおっしゃることは正しいと思いますよ。今の人格を治せってことは、今の人格が間違ってると言われてることと同じじゃないですか。多くの人は、今の自分は生きづらい状況にいるけど、決して自分が間違ってるわけではないと思ってるんじゃないでしょうか。それを偏った被害者意識とみるのはもっともですけど、治す/治ることには生きづらい社会(=敵)に屈するような構図ができちゃってるんじゃないですかね。
それから、治す/治るということは、今の自分では無い自分になるということで、それって軽い恐怖や嫌悪感を伴う作業だと思うんですよね。治ると考えるほど、今の自分が間違っている・・・と自分を責めることになる。
じゃあ、どうすりゃいいんだと言われても困りますけども。
UNDERGODxYOUxBASTARD [] EDIT 
「治す」ってのがそもそもマイナスな状態なわけだけど。
俺の場合は、別に「治した」とか「屈した」とか全然思ってません。
ただ敵に対して有利な状態にしようと変えただけです。
よくゲームなんかで火は水に弱く…とかあるけど、正にそんな感じ。
水の敵に対して火で攻めても仕方ないので風で攻めた。
人格障害者ってそこの切り替えが出来ないんじゃないかな。
俺もそんなに上手く出来ませんが。

『自分が間違っている』と思ったらいけないんですか?
それはすなわち、『自分が正しい』って事ですか?正しいんですか?
『自分は間違ってない、正しくもない』って状況ですか?
テストでいうと△?厳密に言えば×?
こういう抽象的というか哲学的な事はうんちゃんの方が得意なんで俺はパス…

人格障害の人って鍵穴が1個しかないって感じじゃないでしょうか。
社会適応してる人は色々な鍵穴を持っている。用途ごとに使い分ける。
そう考えたら、別に今の状態から変わるというより、加える形に近いのかも。
実際、人間の成長過程ってそうだと思います。
俺は自分の軸が変わったと思いませんし。

引っ越したりするのもありですね。
米国だと引越しがモチベーションを担ってたりしますし。
心機一転して生活がやり直せるかもしれません。
Quinine [] EDIT 
救いの命題が隠されているね。

>さかてまんさん
おっしゃることはよくわかりますが、
ウンコの性質上、
今後も一切断ることはなく無断で使用します。
うんこ [] EDIT 
鬱っていうメビウスの輪から抜け出すには、自己の中に存在する矛盾とか葛藤とかいう名の知恵の輪をはずさないとダメなんだろうね。
やはり本人の意思かなぁ。急性期にしろとは言わないけど、意識や自覚が無いと話しにならないね。何事も。
自分で閉塞した空間、クラインの壺でもいいけど、その中に居ると思うから抜け出せないんだろうなあ。
スキーマって怖ぇなぁ。

適応と矯正って長所と短所みたいなもん?
良く言えば適応で、悪く言えば矯正。
善し悪しは個人の価値観だから置いておくとして、生き易さに効率を求めるのは自然の行動だと思うけどね。




救いって認知療法になんのかな。
こんなんとか?
http://www.nakaoclinic.ne.jp/mental%20health/mental100.html
Quinine [] EDIT 
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4535562148/
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/442211283X/
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4772407553/
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4876721300/


うーん、これは盲点だった。
論理的思考を嫌うって事は認知療法が難しいんだね。
って事でなんかアマゾンの本とか。
内容解らないし、近所に大きい本屋もないので、立ち読みでもいいのでうんちゃんの評価が聞きたいわぁ。
Quinine [] EDIT 
PHPの『うつを治す』でいいよ。
一冊読めば大体わかる。
うんこ [] EDIT 
まあ社会のせいにするのはとても簡単だよね。
人間は自分さえ楽になればいいっていう部分があるし。
Quinine [] EDIT 
自分さえいいやつらの多数決。
うんこ [] EDIT 




    
SKIN:Babyish-
banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。