うんこぶろぐ。鬱病患者うんこが綴る鬱病を治すブログです。

-----うんこぶろぐ。は利用上の用法用量を守って正しく遊んでください。-----
うんこぶろぐ。を携帯でも! http://unco.blog26.fc2.com/?m 酔狂な方はコピペしてケータイにメールだ!
うんこを登録 by BlogPeople
■うんこセレクトショップはhttp://www.g-tools.net/10/16730/
■うんこぶろぐ。をRSSリーダーで!バナーからダウンロードできるよ!■
RSSリーダー Headline-Tickerのセットアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
以前の記事を再掲載・・

MIXIで掲載したものを加筆修正。

■足がなくなる病気。
徐々に足がなくなっていく原因不明の病気が蔓延し始めます。
この病気はストレスに関係があるらしい事が近年の研究で判明しましたが、実際のところ決定的な原因は不明です。
さて、この病気に罹患した人間が『正露丸』を飲んだところ、偶然足の減少が止まりました。
そこで多くの病人が『正露丸』を試すと、その作用は科学的に立証でき、確かに足の減少が止まる事が判明しました。
しかし、依然として何某かの治療で『足が生えてくる』かどうかは分からず、
又この病気は何を以って『治った』と表現できるのかも分からないままでした。
この病気を苦に、年間の自殺者がとうとう3万人を超えました。

そのうち、
この病気で足を失った人々が以下の様に発言をはじめます。
『我々の立場は社会で理解されず、雇用状態も厳しく、より一層の社会保障の充実が必要だ。』
『我々が歩けないのは道路が足の無いヒトに最適化されていないからだ。』
『足が無くなる病気は、ココロの弱い人間が罹患するのだから、接する人間には優しさを強要すべきだ!』
『足が無いこと自体はおろか、周囲の無理解で、精神的に参ってしまい、更に足がなくなっていきます、どうしたらいいんでしょう?』
『足が無くて自体はおろか、周囲の無理解で、不満の捌け口をODやリストカットに求めてしまいます。』

しかし、同じ病気で足を失った人々で、
自分専用の義足で社会に復帰したり、
足の無い人達が不自由しないよう、
足のある人達の社会に適応するための、
様々な社会活動・運動や、
思考法、道具を開発している一派が、
『座してまっていたって足は生えてこないよ。』
『歩けないのは僕らに足が無いからだ。』
『遺伝体質ってことはあるだろうけれど、
ストレス管理が出来なかった自分らのだらしなさが招いた不養生のつけだよ。』
としごくまっとうな事を言い始めます。
中には、
『自分のこれまでの不養生は棚にあげて、
足が無い事と、それが理解されない事、
つまり自分以外に責任を転嫁して、
自分自身はそこにあぐらをかき、
自ら健常者と同じ目線で対話する事を拒み、
孤立して、
自らストレスを溜め込むよう自分を追い込み、
足の悪化を促進するような人間は、最早病人ではなく、

病人自己再生産装置

即ち

嘘病

だよ。』
とやや厳しい意見をいう人間も現れ始めました。

ところが前出の人々は、
『足を失うという喪失体験を受容する期間も必要なんだよ』
『足が無くて精神的に参ってしまっている人間になんてデリカシーの無い事を言うんだ!優しさや思いやりが無い、腐れ人間!』
等と批判をはじめます。

その一方で、

『個性の育成』を掲げた実質『放任主義』のしつけと教育が、
『個性という名の単なる自分本位な我侭』を量産し、
『自省という概念が欠落』した子供達がやがて社会に出ます。

『自分本位で抑制の効かない人格・性格』
は当然、社会になじむ事が出来ず、
かといって『実力本位の仕事社会』に於いて、
何の実績ももたない彼らに出来る事は無く、
こうしてストレスを溜め込んで足を失う病気が爆発的に増えていきました。
その数は若い世代を中心に、
国の人口の3割を占める様になりました。
国の経済力はどんどんと低下していきます。

この病気に罹患した若い世代は、
自省する事を知らないので、

自省を必要としない、自己憐憫で分かりやすい、
『責任転嫁』思想が、
多くの足の無い人間達に受け入れらる様になります。

その結果、彼らは、
ただ卑屈に、そして厭世的になることしかできなくなり、
より社会から孤立を深め、多くの孤立したもの同士が、

『責任転嫁共同体』

を構成して、
健常者と『争い』を始めてしまう様になりました。

しかし社会の上部構造を占める健常者も、
同じく自省の概念が無いので、
こうした卑屈なだけで自己改善の余地が全く無い人種に対して、
破綻しかけた国が彼らを『保障』する必要性を疑い、
やがては遺伝的要素も有力視されるこの疾病を根絶する為に、
優生学的根拠に基づいた絶滅政策を施行しました。

こうして原因不明の『足がなくなる病』は根絶されました。

なんてことがないといいよね。


★1日1クリックのご協力を!★
スポンサーサイト
面白い話でした。
実力社会は世界単位だから日本だけで対策しても知れてるしなあ。

淘汰されないよう頑張ります。
Quinine [] EDIT 
自分にあう義足を自分で作る作業。
義足ができたら歩く練習。
hachi [] EDIT 
節度のあるイイ文章だと思います、とても面白かった。
「責任転嫁共同体」に無自覚に属してるうちはラクチンなんでしょうな。
僕もラクチンしたいもんです。
マカベ [] EDIT 
うちの会社の上層部もそうだよ。
どうしようもないよ
えろけん [] EDIT 
>マカベさん
ありがうございます。
鬱病患者自身がそうなっている現状を打破する必要性を感じる事が多いです。
>エロケン
どうにかすんのがおもしろいんじゃんよw
うんこ [] EDIT 
>Q
もうされた側だから、今度は報復だよw
>8
あんたわかってるよwウンコ熟卒業。
うんこ [] EDIT 
卒業か。
うんこから卒業言い渡されると思わんかった。
そかそか。
hachi [] EDIT 
次は啓蒙だなw
うんこ [] EDIT 
会費とか払った覚えないぞwwwwwww
hachi [] EDIT 
会費とか払った覚えないぞwwwwwww
hachi [] EDIT 




    
SKIN:Babyish-
banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。