うんこぶろぐ。鬱病患者うんこが綴る鬱病を治すブログです。

-----うんこぶろぐ。は利用上の用法用量を守って正しく遊んでください。-----
うんこぶろぐ。を携帯でも! http://unco.blog26.fc2.com/?m 酔狂な方はコピペしてケータイにメールだ!
うんこを登録 by BlogPeople
■うんこセレクトショップはhttp://www.g-tools.net/10/16730/
■うんこぶろぐ。をRSSリーダーで!バナーからダウンロードできるよ!■
RSSリーダー Headline-Tickerのセットアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
断言するが、
共依存症患者はその発現様態がどのような症状であっても、
基本的に嘘病患者である。

依存症はアディクションの一形態であり、
依存症も嘘病である。
アディクションについてはその項を参照して欲しい。

発現した症状は仮に治療が必要な『疾病』であるとみなしても、
その要因は『嘘病』であることを忘れてはいけない。
『嘘病』が治らなければ、アディクションも依存も共依存も治らない。

●盟友8さんより指摘。
依存症、共依存症はカテゴリーとして別個との事。
その表象『様態』も異なるということ。
ウンコは依存症であれ嗜癖であれ共依存症であれ、
適応的行動のひとつとしてワンカテゴリーで考えている。
その意味では鬱病も。



⇒ソウス
・共依存
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B1%E4%BE%9D%E5%AD%98
・共依存症
http://www.family21.jp/set/depend.html
http://trauma.or.tv/1kouisho/6.html・依存症
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%9D%E5%AD%98%E7%97%87

共依存症のメカニズムを図式化するところからはじめないとイカンと思う。

共依存症とはこのように、他人が自己の存在証明としてあるような人間関係を言い、根底には他者をコントロールしたいという欲求があります。お酒を飲んで妻に手を上げる夫は、酒を飲むことで、妻に自分の面倒をみてもらいたがっているのかもしれませんし、妻は酒を飲んだ夫の面倒をみることによって、自分の生きがいを見いだしているのかもしれません。

とする指摘。

通常、
人間の『個(存在理由)』とは他者との比較において規定されているものであり、他者との比較に依存する『個(存在理由)』の確立維持はなんら病的ではない。

また人間関係というものは、
『個(存在理由)』を確立するための『利害』の相補関係で成り立っているものと(ウンコには)思われるので、
それも病的だとは思わない。

共依存とは、
『社会的に問題とされる行動を強化する利害相補関係』
であり、
その罹患者とは、
主体(依存症者)と、客体(共依存者)である考えるのが良いと思われる。

以下は症状の羅列とその詳細。

■共依存の症状
共依存の中核の症状は5つとされ、それを核にして16の症状行動(思考・態度)が派生します。

中核症状は以下の5つです。
・適切な高さの自己評価を体験できないという自己愛の障害
・自己と他者の境界設定ができずに、他者に侵入したり、他者の侵入を許したりするという自己保護の障害
・自己に関する現実を適切に認識することが困難であるという自己同一化の障害
・自己の欲求を適切に他者に伝えられないという自己ケアの障害
・自己の現実(年齢や状況)にそって振舞えないという自己表現の障害

ピア・メロディー著"Facing Love Addiction"
自らを犠牲にして他人を助けたり、世話したりする
 自分が他人にとって必要になっており、ありがたがられる、などの報酬を無意識に期待している。目先の愛情にとらわれて他人の世話をするが、大きな目で見ると他人や自分を破滅に導いていることに気がつかない(例・不良息子や飲んだくれ亭主に必死に働いてお金をあげたり、本人達の不始末を代わりに謝る)

他人の行動、感情、考え方・状況・結果を変えようとコントロールする
 他人の行動の責任はとるが、自分の行動がどのような結果を招いているかは考えない。他人の文句を言ったり、他人がどうするべきかを考えてそうなるよう努力はするが、自分がどうすれば本当は良いかを考えない。

何か身の回りに問題や危機が起こっていないと空虚になる
 問題のある人や場所に惹かれやすく、不安定な生活を送りやすい。いざ安定した自分中心の生活と不安定な他人中心の生活の選択をせまられると、「私がいないとあの人は……」「金銭的に無理」などといろいろ理由を並べて熱中できる問題がたくさんたる生活を選ぶ。

依存心が強く、一人でやっていけるという自信がない
 自尊心・自己評価が低く、自分自身が好きではない。一人で過ごしているとひどい虚無感に襲われて、自分を必要としてくれる人を常にもとめ、「見捨てられる危機感」を振り切れない。

考え方、視野がせまい。社会・地域・自然などへの関心・貢献が薄い
 特定の他人の問題で頭がいっぱいで、友人からも離れ、小さく狭い世界で生活する。このため、自分と自分の周囲の狭い範囲の人達が、どんな悲惨な状況なのか気がつかない。

現実をしっかり見つめようとしない
 他人の目や意見を気にして、あるいは自分の本当の気持ちをごまかすために、真実を隠して表面は何でもないように振舞う。悪い面をできるだけ小さく考えようとしてそう表現する。

「No」と言えない。「私」を中心に話せない
 コミュニケーションの技術に欠け、「自分の」必要なもの、欲しいものをはっきり要求することができない。「いいえ、できません」とはっきり断わることができない。他人の問題や他人の愚痴ばかり話し、「私は」こう感じてこう考えるというように自分自身を主にできない。

他人とのバウンダリー(境界)がはっきりしていない
 他人の問題にお節介にも入り込んでしまったり、他人の落ち込むのを見ると、自分も滅入ってしまったり、または人の気分を変えようと必死になったりする。自分と他人は考え方も感じ方も感情も違う個別の人間であるという自覚が、実はない。

自分の身体から出るメッセージに気がつかない。感情の適切な表現ができない
 繊細な感情がマヒしてしまっているので、感情の適切な表現ができずに、何だか変だなと思うときに胸がドキドキしても、それに注目せず無視してしまい、行動を変えることなく同じ間違いを何度も繰り返したりする。

怒りに問題がある
 自分よりも他人のために行動しているのに報われないとなると、怒りや恨みがたまってくるのは当たり前のことだが、自分自身でその怒りを否定するために適切な怒りの表現ができない。急に爆発させたり、八つ当たりしたり、あるいは怒りを「恐怖」にすりかえて怒りを感じないようにする。

静かに時を待つ、ということを知らない
 今すぐ良い結果が出ないと気がすまず、せかせか動き回ったり余計な心配に気をもむ。他人の行動を長い目で見守ることができず、自分が今すぐコントロールしようとする。しなければならないことで頭がいっぱいになり、様子をみるということができない。

罪の意識によくおそわれる
 相手に問題があるのは、自分が何か悪い事をしたかのように思い込み、自分がもう少し努力すれば、また自分の欠点を直せば相手が良くなるだろう、変わるだろうと必死になる。疲れて相手から離れようと考えると「私がいなければあの人は」「子どもがかわいそうだ」とひどい罪の意識に囚われる。

物事が極端。ほどほどに、ができない
 黒か白かがはっきりしすぎたり、自分が正しくて他人がまったく間違っているとか、または反対に全部自分のせいだと思い込んでしまう。いったん何かをやりだすと限度を知らず、または物事を1つも完成させることができずに、途中ですべて投げ出してしまう。

過去の間違いから学ぶことができない
 相手が問題を起こすと憤慨し嘆くが、少し調子がいいと苦しかったことを忘れて相手を「可哀想な人だから」と弁護したり本当はとても良い人だと思ってすぐ許してしまう。離れたり調子が良いときは楽しいことばかり思いだし、苦い経験を忘れてしまうのでふたたび同じ過ちを繰り返す。

被害者意識にとりつかれている
 相手を救おうとあがき、上手くいかないと相手を責める。それもうまくいかないと、相手のせいで自分はこんなにみじめだと被害者意識にとりつかれる。被害者の役割を演じ、相手のせいにしていれば自分の選択と行動の結果の責任を取らなくていいという錯覚に陥る。

自己の確立ができていない
 自分に自信がないので他人に幸せにしてもらおうと思っていたり、自分の人生の目的や自分はいったい誰なのかがはっきりせず、自分を大切にできない。すべての共依存の問題は、ここから始まっていると思われる。


まあ要するに、前回と一緒で、

これも病気というよりは、
よく見られるもたれあいの構造であり、
社会を構成する上では必要要件でもあり、
程度を逸脱した場合に於いて、


主客の性格異常が露見した、
もしくは、
精神的依存からの離脱症状が生じた、
ということは、
つまり病気ではない。

うつ病っぽくなったらSSRIでも飲めばいい。
駄目な性格は矯正すれば済むことである。

それを何某かの疾病名で形而上学化して、
当人どもの責任回避の材料にするのはもうよしたほうがいいということ。だね。


★1日1クリックのご協力を!★
スポンサーサイト
共依存症とは、ただの「治療機関で使用されている専門用語のひとつ」であるだけで、一部の専門家の間では共依存症は病気であるとも言われているようだけど、それもまだはっきりしてないでしょ。
ただのカテゴリーだよ。

共依存症による『ストレス』が原因になって鬱病を発症するタイプのひとは、ストレス軽減のための共依存症改善が必用だろうね。
hachi [] EDIT 
現実逃避するバカップルに塗る薬はありませんか?

うんこでも塗っとくか
Quinine [] EDIT 
塗っちゃえ~~~~。>Qちゃん
hachi [] EDIT 
自前の臭くてねぇ。
何でだろう。
うんこ@リストア [] EDIT 
ってなんだ?
思うんだけどさあ、
ストレスって自覚があるのはストレスだとは思わないんだよね。
うんこ@リストア [] EDIT 
ストレスへの適応行動として、
今日依存的な動機が出てくると言うのであれば、
それは自覚的に対処すべきだろうね。
そんな事があるならの話だけどね。
うんこ@リストア [] EDIT 
共依存と依存はまったく違うものだと思うんですけど・・。
共依存についてはなんか捉え方が全然違ってるので今意見するのはやめます。
もうちょい勉強します。

私はストレスは自覚があってもストレスだと思うけど・・うんこ的には自覚のあるストレスはなにになるの?
hachi [] EDIT 
狂依存と依存の何が違うの?

自覚のあるストレスは、
発散したストレスだと思うよ。
蓄積されるのは無自覚なものだけだと思うんだよね。
うんこ@リストア [] EDIT 
依存症とは
精神に作用する化学物質の摂取や、ある種の快感や高揚感を伴う特定の行為を繰り返し行った結果、それらの刺激なしにはいられない状態になった疾患のこと。

共依存とは
自分自身を大切にしたり自分自身の問題に向き合うよりも、身近な他人の問題ばかりに気を向けてその問題の後始末に夢中になり、身近な人の責任を一生懸命代わりにとろうとする。問題のある状況を本人が決意して解決する必要を与えず、自分の思うようにコントロールしようとする。
これを繰り返して繰り返して状況を悪化または停滞させる状況。

共依存症の身近には必ず、解決しがたい問題を抱えた『ひと』がいる。
ただの依存は対物にもあり得る。対人の場合でも相手が問題を抱えている必要はない。

そういう意味で違うと思う。

hachi [] EDIT 
へー。

じゃあ精神的依存と、
脅威損ってなんか違うの?
狂依存症に依存する精神って何?

依存症って名称は俺使ってねえよw
うんこ@リストア [] EDIT 




    
SKIN:Babyish-
banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。