うんこぶろぐ。鬱病患者うんこが綴る鬱病を治すブログです。

-----うんこぶろぐ。は利用上の用法用量を守って正しく遊んでください。-----
うんこぶろぐ。を携帯でも! http://unco.blog26.fc2.com/?m 酔狂な方はコピペしてケータイにメールだ!
うんこを登録 by BlogPeople
■うんこセレクトショップはhttp://www.g-tools.net/10/16730/
■うんこぶろぐ。をRSSリーダーで!バナーからダウンロードできるよ!■
RSSリーダー Headline-Tickerのセットアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
爪もみいいですね。
大体どの指刺激しても気持ちいいいからね。

ツメの生えぎわは神経繊維が密集する、非常にデリケートな部分です。そこのツボを適度に刺激すると、血流が良くなり、自律神経のバランスを整えることで、免疫力の向上を促す効果があります。ツメモミを繰り返すことで、腰痛・肩こり・耳鳴り・不眠等の不定愁訴などの症状の軽減や解消に役立ちます。

ほう。
◆ツメモミはどうやればいいの?
1 基本的に、両手の親指、人さし指、中指、小指の4本の指のツメの生えぎわをもみます。そうすると、副交感神経(ココロとカラダに休息をもたらす神経)が活発に働き、血行が促進されます。ただし、薬指は交感神経(ココロとカラダを活動的にする神経)を刺激してしまうので、特別な場合以外はもみません。

2 反対側の手の親指と人さし指でツメの生えぎわを両側からつまんで、そのままもみます。
1本の指につき10秒ずつもみます。念入りに刺激するときは、20秒ずつもみます。両手の親指、人さし指、中指、小指をひととおり刺激するのを、1日に2~3度行うといいでしょう。

3 刺激するときは、指の先端で多少痛いくらいにもんでください。あまり強すぎてもいけませんが、軽い刺激では効果がありません。

◆イライラしているときは腹式呼吸をプラスして
 ツメモミといっしょにおなかをふくらませながら息を吸い、おなかをへこませながら口からゆっくり息を吐いていきましょう。息を吐くときにおなかに意識を集中させて指を刺激します。
◆指回しをプラスしてカラダに渇を入れる
 やや強めの力でツメモミをしながら、刺激している指を根元からくるくる回します。そうすると刺激が強くなり、なんとなくだるかったカラダがすぐに活動状態に切り替わります。また、刺激を強くしたいときは、ボールペンの先で押してみましょう。

 足の指先は、手と同様、血流の折り返し地点です。老廃物が蓄積しやすく、血流が停滞しやすいところです。冷えは下半身に蓄積しやすいので、特に冷え性で寝つきが悪い方には、足のツメモミが効果的。基本的には手のツメモミとやり方はまったく同じです。足のツメの生えぎわを親指と人差し指でつまみ、心地よい痛みが感じられる程度に10秒~20秒ずつ刺激します。その際、第4指は手の薬指同様、もまないようにしましょう。

出典:http://kurashi.hi-ho.ne.jp/special/050518-2/



★1日1クリックのご協力を!★
スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。