うんこぶろぐ。鬱病患者うんこが綴る鬱病を治すブログです。

-----うんこぶろぐ。は利用上の用法用量を守って正しく遊んでください。-----
うんこぶろぐ。を携帯でも! http://unco.blog26.fc2.com/?m 酔狂な方はコピペしてケータイにメールだ!
うんこを登録 by BlogPeople
■うんこセレクトショップはhttp://www.g-tools.net/10/16730/
■うんこぶろぐ。をRSSリーダーで!バナーからダウンロードできるよ!■
RSSリーダー Headline-Tickerのセットアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
これまた不思議な現象なのだが、
リアル鬱病に罹患して、わりと悪目になってくると、
『日内変動』と呼ばれる現象を体験する事になる。

一日で調子が変動するのである。
多くは
『朝調子が悪く、日没あたりから元気になってくる』
パターンだ。逆もあるようだけど。
この変動なんだが、健常者でも気付かないレベルで経験してると思われる。
やはり朝はだるいものである。

しかしセンシティブな鬱病様態に陥ると、
どうにもこうにもこの落差が激しくなり、非常につらく感じるのである。

この場合どうするかなのだが、
これは昼夜逆転でOKだ

但し、一日30分は日光に当たって欲しい。
なぜならセロトニン光合成が出来なくなるからだ。

その上で、以下を参照して欲しい。

あとは、調子がいいときに活動したらよいのである。
なるほど『規則正しい生活』は大切だが、
抗鬱剤をきちんと飲んで、飯をきっちり食っていれば、
気が付いたころには『日内変動』は消えている。
実際ウンコもそうだった。

調子が悪い事が分かっていながら、
無理に『規則正しくお日様に従って』生きる必要はない。


病人なんだからより、
クオリティオブライフ
を追求してよいのではなかろうか。


★1日1クリックのご協力を!★
スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。