うんこぶろぐ。鬱病患者うんこが綴る鬱病を治すブログです。

-----うんこぶろぐ。は利用上の用法用量を守って正しく遊んでください。-----
うんこぶろぐ。を携帯でも! http://unco.blog26.fc2.com/?m 酔狂な方はコピペしてケータイにメールだ!
うんこを登録 by BlogPeople
■うんこセレクトショップはhttp://www.g-tools.net/10/16730/
■うんこぶろぐ。をRSSリーダーで!バナーからダウンロードできるよ!■
RSSリーダー Headline-Tickerのセットアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ウンコは鬱病だ。
それでも尚、32条改悪に賛成だ。
改悪と思ってないからだ。

ヤフーの政治ニュース - 10月14日(金)11時39分
自立支援法案が参院通過 障害者に利用負担求める

 障害者への福祉サービスを一元化し、利用料の原則1割負担を求める障害者自立支援法案が14日、参院本会議で自民、公明両党の賛成多数で可決された。衆院に送付、今国会で成立する見通し。
 同法案は、これまで身体、知的、精神の障害種別ごとに分かれていたサービス体系を一元化する内容。利用料が収入に応じた負担から原則1割負担に変わる一方、市町村の在宅サービスに対する国の財政負担を義務化し財政の安定を図る。
 現在公費補助がある精神障害者通院費用、人工透析患者など「更生医療」や障害児など「育成医療」対象者の医療費も原則1割に引き上げられる。施行は来年4月。
 同法案は障害者団体などからの負担増への反発が強く、先の国会では審議が難航。衆院は通過したが、参院で審議中に衆院が解散されて廃案となり、今国会に再提出された。
(共同通信) - 10月14日11時39分更新

まずは法案の骨子を参照して欲しい。
障害者自立支援法案の概要

次に最も有力な反対意見を参照して欲しい。
http://www.inotama.jp/column/014.html
(参照先:いのたまメンタルヘルス会議室

32条改悪反対勢の大方の主張はこうだ。
『自己負担があがる・・・5%から10%に。』
   ↓
『すると家計が苦しくなる』
   ↓
『すると軽症患者が病院に通えなくなる』
   ↓
『すると重症になってから社会保障の厄介になる』
   ↓
『だから反対しよう』


お前らよく考えてみろと。

因みにウンコは親の脛をかじっている身分ではあるが、
医療費だけで見ると、
月に8,100円の負担である(タバコ代より安いんだよ)。
32条は申請してないのだが、申請していたとすると、
1,350円の負担。
で、改悪されると、
2,700円の負担。

1,350円増しで家計が圧迫されるのか?????

別に三割負担でもタバコやめりゃ済む話である。

重度の精神障害者は重度の身体障害者など他の障害者と同じ福祉を得られるようにしたほうがいいだろうと思う。最低でも。

仮に鬱病で廃人状態で一生入院してたとして、
月のベット代を高く見積もって、
@20,000円×30日=600,000円(3割負担でね)。
で、32条適応で、100,000円(5パー負担)。
で、32条改悪で、200,000円(10パー負担)。
10万アップ、さすがにこれは痛いだろう。

しかし、
治せる『鬱病』しかも『軽症』なのであれば、
『自分で治そう』という心意気がなきゃ駄目だと思うのである
医者と薬と長期の通院が鬱病を治すわけではない。
長期の通院が医者を儲からせるだけの話である。


そしてむしろ重度の精神障害者により福祉が与えられるように、
軽症であるわが身の幸運を感謝しつつ、喜んで今までの倍負担した方が反対運動してるよりよっぽどかっこいい

結果として自殺者が増えたり、生保申請率が増えれば、
国は間違いを認めざるを得ず、32条が復活するかもしれないが、
しかし必ずしも間違いであると言い切れる根拠もなしに『反対運動』を『鬱病コミュニティー』の結束を高めるだけの道具にするいわば『お祭り騒ぎ』はあほらしい。

メザメヨ。
スポンサーサイト
なるほど。実情をよくしらないので、てっきり、32条が廃止されるのかと思ってましたが、10%に負担が増えるだけなら、たいした問題じゃないですね。そのくらいは払うプライド持ってもいいんじゃないですかね。んで、確かに重度の鬱病については問題ですね。ていうか、現行の32条の審査基準がかなり甘い/曖昧らしいので、まずそこを治すべきですよね。
UNDERGODxYOUxBASTARD [] EDIT 
点数稼げないようにする手もあるね。
うんこ [] EDIT 
このコメントは管理者の承認待ちです
- [] EDIT 




    
SKIN:Babyish-
banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。