うんこぶろぐ。鬱病患者うんこが綴る鬱病を治すブログです。

-----うんこぶろぐ。は利用上の用法用量を守って正しく遊んでください。-----
うんこぶろぐ。を携帯でも! http://unco.blog26.fc2.com/?m 酔狂な方はコピペしてケータイにメールだ!
うんこを登録 by BlogPeople
■うんこセレクトショップはhttp://www.g-tools.net/10/16730/
■うんこぶろぐ。をRSSリーダーで!バナーからダウンロードできるよ!■
RSSリーダー Headline-Tickerのセットアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
そういやー鬱病のブログなのに、うつ病のカテゴリーが非常に貧弱だったという事に今更気が付いた。

今日はノリノリなので、ちょっと考察を入れていくことにしよう。

ウンコは
鬱病患者自身が鬱病を誤解しすぎてると思う。
まして健常者は鬱病患者の勘違いを信じるもんだから、鬱病はなんだか駄目な疾病のように思われてる節があるように思う。

アホな現象である。
鬱病の本には大概、鬱病なんであるかが書かれているのだが、多くは『脳の故障』であることを正しく喧伝している。

しかし、問題は症状の扱いである。
症状自体は鬱病ではなくて、あくまで症状なのである。
『症状を治してもあまり意味はないのであって、鬱病を治さないといけないのだ』
という視点が欠けている事が多いように思われる。

症状をクローズアップしていると、症状が『鬱病』のように思えてくる。そういう啓蒙方法ではアホが大量に生産されてしまうのである。

鬱病は脳の故障である。機能障害である。

なので鬱病は

・心の病気ではない
・心の風邪ではない

⇒大体心がなんだか判明してから用いろって感じ。

・暗い奴がなる病気ではない
・落ち込む病気ではない
・悩む病気ではない

⇒これもそう。
 鬱病であるが故に情緒不安定なのは認めるが、
 重度の鬱だと情緒すらなくなるんだぜ?
 悩んだり落ち込んだりするのは、健康的なんだよ逆に。

・異常な緊張感ではない
・焦燥感ではない
・不安感ではない
・恐怖感ではない
・睡眠不足、過眠自体ではない
・パニック自体ではない
・カコキュウ自体ではない
・不定愁訴自体ではない
・食欲低下の病気ではない
・性欲低下の病気ではない
⇒これは症状。鬱病ではない。

・自傷する病気ではない
⇒これなんかホントにそう。全く鬱病と無関係。

・ペシミスティックになる病気ではない
・自分は世界最強に不幸だという自覚を抱かせる病気ではない
・なぜ自分だけがこんな目に会うのだと思わせる病気ではない
・自殺の原因ではない

⇒これこそ『気の持ちよう』である。病気ではなく卑屈なだけだ


という事で、脳を治しましょう。脳を





★1日1クリックのご協力を!★
スポンサーサイト
鬱病と呼ばれているもの自体が症状の集大成なのであって、
それ自体が疾病というよりは、
『不適応』という状態の継続が鬱病を指すのかもしれないね。
うんこ [] EDIT 




    
SKIN:Babyish-
banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。