うんこぶろぐ。鬱病患者うんこが綴る鬱病を治すブログです。

-----うんこぶろぐ。は利用上の用法用量を守って正しく遊んでください。-----
うんこぶろぐ。を携帯でも! http://unco.blog26.fc2.com/?m 酔狂な方はコピペしてケータイにメールだ!
うんこを登録 by BlogPeople
■うんこセレクトショップはhttp://www.g-tools.net/10/16730/
■うんこぶろぐ。をRSSリーダーで!バナーからダウンロードできるよ!■
RSSリーダー Headline-Tickerのセットアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
※注意 このアドバイスは医学的根拠のあるもんではなく、鬱病であるウンコの老婆心である。採用の是非はあんたの責任に於いて決める事。ウンコはいかなる責任も取らない。

今回は鬱病予防の話。
鬱病の兆候ってなんだろな、と。

人によるんだけども、まず最も指標になるのは、

睡眠である

と云われている。
鬱病界隈の病気ということで、『うつ状態』~『神経症』から『~~障害』、精神病様態を呈する『重症鬱』に至るまで幅広い概念で『今現在は語られている』為に、
では何をもって『鬱病』なのか、という指標は曖昧だと思う。
現在鬱病は『横断的な概念』として もや のように存在するだけの曖昧な指標なのだ。

なので、最も基本に立ち返って考える事が重要だ。
鬱病は、
『脳の特定部位の機能障害である』
という基本に。

脳の特定部位の機能障害があらわれた際に、
その殆どが何らかの睡眠障害を伴うと云われている。

寝付けない、夜中に何度も目が醒める、死ぬほど朝早くに目が醒めてその後眠れない、寝すぎる(20時間異常は寝ている)。

ウンコは、この4種類が『脳の特定部位の興奮』の兆候だと考えていいと思う。興奮するか、抑制されるからおかしくなるのである。

またこれはあくまでもウンコの独断だが、
衣(セックスも含む)・食・住(これは寝るという意味で)
(若しくは『めし、くそ、ふとん』とも云う)といった人間の生活に関わる根本に何らかの変調をきたしたなら、それは何かのサインであると思っていいように考える。


『衣』・・・ファッションや化粧に気合が入らなくなる、セックスが億劫になる。
『食』・・・食欲、これもある意味性欲なのかな、それらに異常が出る。便秘勝ちになる若しくは下痢気味になる、拒食、過食、ゲロ吐いちゃうなどなど。
『住』・・・寝ることに関わる異常。


これら根本的なところが『何か』によって浸食され始めたと主体的に感じるならば、それは『鬱病』の兆候であると考えていいだろう。

だからといって直ぐ医者に行けばいいという問題ではなく、それが慢性化するのか、一過性なのか、そこを見極める必要はあるだろう

誰しも一過性の不調を経験するものである。
それは『悩み』と同居して生活していく訓練でもあるからだ。

すぐさじを投げるのではなく、
どこまでが自分の制御範囲内なのかを知るうえでも、
一月は様子を見ることをウンコは薦める。

抗鬱剤による長い治療は、少なくともそれだけで憂鬱だ。


★1日1クリックのご協力を!★
スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。