うんこぶろぐ。鬱病患者うんこが綴る鬱病を治すブログです。

-----うんこぶろぐ。は利用上の用法用量を守って正しく遊んでください。-----
うんこぶろぐ。を携帯でも! http://unco.blog26.fc2.com/?m 酔狂な方はコピペしてケータイにメールだ!
うんこを登録 by BlogPeople
■うんこセレクトショップはhttp://www.g-tools.net/10/16730/
■うんこぶろぐ。をRSSリーダーで!バナーからダウンロードできるよ!■
RSSリーダー Headline-Tickerのセットアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
これまた実話なのだが、
先日ウンチ(弟)の同級が大学に休学届を出した。

現在大学四年なのだが、一人暮らしだったためどういう訳か事実が露見に一年を要した。『大学三年生の一年間、学校に行ってませんでした。』という事実が。
まずは学生なんで、
『ステューデントアパシー』について学んでおこう。
下記サイトにまとまってる。
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/7462/apathy.html
ということで、
特筆すべきは、
▼特徴としては、ちょっとしたきっかけで、急に勉強する意欲がなくなってしまうけれど、それでいて勉強以外の活動には熱心なことが多いようです。たとえば、授業に出てもどうせ寝てしまうからと、授業をサボるようになり、サークルやアルバイト、パチンコや麻雀などには人一倍打ち込むというように。
即ち、
『学業以外ならやれちゃう、しかも熱心に』である。
ここが鬱病と違うところである。
鬱病は『趣味ですら出来なくなる』ので見極めが肝心だ。

そして、これは病気ではない。本人の未熟さの問題である。そして本人を未熟にした教育であれ、過程の指導であれ、
成長過程の問題である。

対策に『自分探し』というのがあるが、
これは間違いである

正しくは『身の丈、身の程探し』である。

更に云うと、これは学生だけの問題ではない。
社会人だって、主婦だって、十分なりうる。
要するに、
『思ってたのとなんかちげーじゃん病』
だからである。

『思ってたの』が自分の浅知恵に基づくものだったからである。
なので、
親はケツをぬぐってやる必要がある。
とにかく放置。
放置の最中に鬱病様相を呈したらそれは病院に行かせればいい。
でもそれは一過性のもので、鬱病が原因のアパシーではない。
アパシーが原因の鬱病だ。心配はいらない。

ケツのぬぐいも30までだ。
30以降は、生活保護でも受けさせる事を約束しなければ駄目だ。
それまではモラトリアムでもいい。
一億中産階級に甘んじた親の世代の責任がこうして表れてると思って、時代をかみ締めて欲しい。

親の責任だけを糾弾してるのではない。
一番つらいのは本人だ。そこは忘れちゃ駄目だ。


★1日1クリックのご協力を!★
スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。