うんこぶろぐ。鬱病患者うんこが綴る鬱病を治すブログです。

-----うんこぶろぐ。は利用上の用法用量を守って正しく遊んでください。-----
うんこぶろぐ。を携帯でも! http://unco.blog26.fc2.com/?m 酔狂な方はコピペしてケータイにメールだ!
うんこを登録 by BlogPeople
■うんこセレクトショップはhttp://www.g-tools.net/10/16730/
■うんこぶろぐ。をRSSリーダーで!バナーからダウンロードできるよ!■
RSSリーダー Headline-Tickerのセットアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
※注意 このアドバイスは医学的根拠のあるもんではなく、鬱病であるウンコの老婆心である。採用の是非はあんたの責任に於いて決める事。ウンコはいかなる責任も取らない。

前回の話題とかぶるねえ。自作自演。
薬が効かない、良くならない、という点だけども、繰り返すと、 何をもって『良くなった』とするのか自分で再定義してみる事だ。
以前より良くなったと感じるなら効果はあったはずであり、継続する事を勧める。
『抗鬱剤』継続は力、な薬である。
最悪1月継続して初めて効果が出る場合もあるそうだ。


一ヶ月継続して、全く良くなっていないと感じるなら、薬を変えてもらう必要があるかもしれない。

因みに抗鬱剤はSSRI若しくは三環系どちらかでほぼ『効果がある』という調査結果があるようなので、どちらも試して駄目なら、他の病気を疑ってみるのも一つだろう。

新規に書き加える事があるとすると、
良くならない要因の一つに、
環境と状況が挙げられる。
ストレス因子が多い環境が誘引で鬱になったのなら、そこを一時的に避難すべきだし、状況がそうなら、それを一時的に棚上げ状態にしないと、悪化要因になるだろう。

それが出来ないから困ってるんだ、という意見には、
残念だが『それをする能力が無いもしくはする努力が無い』としか助言できない。


★1日1クリックのご協力を!★
スポンサーサイト
私は自分のストレス因子を棚上げする前『それをする勇気が無い』と感じたな。
医者や友人に背中を押される形で、棚上げすることができた。

もしもあのとき自分をストレス因子から隔離することができなかったら、今頃ものすごく苦しんでいたんだろうな。

hachi [] EDIT 
だろうね。
うんこ [] EDIT 
そうだね。
hachi [] EDIT 




    
SKIN:Babyish-
banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。