うんこぶろぐ。鬱病患者うんこが綴る鬱病を治すブログです。

-----うんこぶろぐ。は利用上の用法用量を守って正しく遊んでください。-----
うんこぶろぐ。を携帯でも! http://unco.blog26.fc2.com/?m 酔狂な方はコピペしてケータイにメールだ!
うんこを登録 by BlogPeople
■うんこセレクトショップはhttp://www.g-tools.net/10/16730/
■うんこぶろぐ。をRSSリーダーで!バナーからダウンロードできるよ!■
RSSリーダー Headline-Tickerのセットアップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
うんこぶろぐ。へようこそ。
突然ですが、

-警告-
貴方も鬱病になるかもしれません。

スポンサーサイト
 
新聞を読んでいてはなはだ疑問に思うことがあります。

うつ病を心の病と表記することです。
ウンコはプラグマティストではありませんが、
こころの病気っておかしいですよね。こころってなんでしょう。

精神病である統合失調症・躁うつ病にてんかんと気分障害と、
ちょっと変わった人から犯罪に於ける異常心理めいた観念までを一緒くたに考えるのもおかしいな、
と思うわけです。

うつ病にせよ統合失調症にせよそ躁うつ病みせよ、ある程度薬効が得られます。
薬効で脳みそに何がしか働きかけることで、
つらい状況を多少なりとも改善するのが目的です。

それは性格が変わるとか、認知が矯正されるとか、
そういう効果を得られるわけではないと思います。
特にうつ病に関していえばそうです。
意欲を出す薬と説明があったりしますが、薬で意欲が出たという話を聞いたことがありません。
たぶんですが、
薬効によって性格が矯正されるということは滅多にないんじゃないでしょうか。

性格が原因でつらいわけではないんですよね。
ここからは鬱の話ですが、経験談的には、とにかく鬱って「しんどい」んですよ。
ウンコはどっちかというと性格も特殊なほうだと思いますが、
別にそれがイヤだとか、その性格だから苦しいとか、
そういうことじゃないんです。
熱のないインフルエンザと例えられたりしますが、急性期ってまるでソレです。
このしんどさを取ることや、
とにかく夜眠れない、という症状を根本から改善するために、
脳みそに働きかける、それがSSRIだったりするわけです。
ぜんぜん前向きに前向きになるとか、そういうんではないですよ。
健常者が試しても眠くなるだけじゃないかな。
※性格が変わるとしたら、それは高次脳機能障害を導出するいわば薬害ですよね。

だから、脳の一時的・一過性の疾病だと表現したほうがいいと思う。

どちらにしてもある種の偏見はあるでしょうが、正確なほうがいいでしょうねぇ。
お久しぶりです。もはや1年半ぶりくらいなんですね。

鬱病していますか?
相変わらずウンコの周りでも鬱病に罹患して一時復旧不能になる方も多く、
結構憂慮しています。

かくいうウンコ自身は相変わらずパキシル10mgを飲んでいますが、
普通に仕事をしていますし、普通に生活しています。
調子が悪い日もありますが、十分制御できるようになっています。
これはもちろん周囲の理解や協力があってのことですが、
自分自身でできることは最低限やっておくことが前提だな、
と思います。

少しでも今、鬱病で苦しんでいる方のお役に立てたらと思います。
そんなんで、
また、
気が向いた際にちょくちょく更新していこうかな、と思います。
鬱病は治せます。

05年2月に急遽原因不明の強烈な倦怠感・疲労感・動悸・めまい・パニック・過呼吸etc...に見舞われ、全く訳も分からず、寝たきり状態となり、結果として会社を自主退職し、抗鬱剤を1年間飲み続けたウンコが、
06年3月社会復帰を果たし、

鬱病が治せる事を証明しています。
お久しぶりです。ウンコです。
普通に正社員として仕事を始めて早8ヶ月。
多少なりともいい加減が通る社風なので、
遅刻欠勤をうまく取りいれつつ何とかこなす毎日。
出世はしなさそうだけどまーいーか。

罹患からはや2年が経過して、
ほぼほぼ平常運行が可能になってきたという感じだけど、
いかがでしょうか皆さん。
だいぶ過ぎちゃったけど、
あけましておめでとう。

相変わらず鬱してる?

ウンコは昨年9月から或る制作系の会社に就職して、
企画営業系の職種でなんだかんだ半年くらい食っている。
最初の2ヶ月ばかりは、
即刻上長に『実は鬱病上がりなんスよ』でドロップアウト、
同僚にも機会を見つけてドロップアウト、
そんなんでほぼ毎日定時UPしてたんだけど、
3ヶ月目以降は普通に2~3時間残業して、
遅いと23時ごろ会社を出るような生活に戻った。
FC2、新サービス目白押しで面白いなあ~とか思って眺めていたんだけど、
皆さん元気ですかw

ウンコは今日月イチの心療内科に行ってきたところ。

完全無職→アルバイト→契約社員→社員
と順調にコマを進めてきて、
昨年(05年9月)から、
なんだかんだ欠勤もなく一年以上働いているといえば働けてるなぁ、という感じ。
正直、完全回復ではないし、
以前のバイタリティには程遠いけれど、
其れでもこんだけ治るもんなんだね~、
と感心できるくらいに戻ってきているね。
ツレがうつになりまして。 (単行本)
細川 貂々 (著)
ツレがウツになりまして
単行本: 127ページ
出版社: 幻冬舎 (2006/03)
ASIN: 4344011430

毎度です。ウンコです。
昨年9月から一気に書き溜めたこのブログ、
結局暇がなくなりほぼ更新できてませんw

つーかもう更新に時間を割けないのが事実。
なので無期限停止にしようと思います。

書きかけの記事も多数あるのですが、
やむを得ませんw

異常に時間が出来た場合は更新する事もあるかもしれないですが。

社会復帰ステップ2(契約社員時代)最終診察。
いよいよ9月から正社員復職(転職)なので、
平日の診察は今回が最後。

環境が変化すると

※苦笑!ここまで書き掛けて公開してたw

どのみちそれが良くも悪くもまずまずのストレスになる訳で、
それが良く出るのか悪く出るのかはまったく不明。

やってみないとわからないのが実際のところ。
現職が9月末まで、
なもので、
と言う事で転職活動をぼちぼちやっていたのだけど、
4月中旬くらいから月2社くらいのボリュームで、
10社くらいエントリーして、
書類ボツ4社、辞退2社、選考中3社、内定1社、
と言う段階まで持ってこれた。

こういう人生になるとは考えもしてなかったんだけど、
転々としているなあ、これで4社目だもんな。
そこそこ権限委譲してもらったアルバイトも入れたら、
6社くらいやらせてもらってたものだから、
いろんな人に出会えたなあ。
6月の19日月曜日、
何の誘因もなく突然軽いPD発作に見舞われる。
オフィスで小便に立った後、
出掛けに突然動機と、いても立ってもいられない不安感。
硬直する体中の筋肉。
 あ~、コレかぁ
とやや懐かしい思いと、
 コレって調子悪くなるサインなんだろ~な~
 面倒くせ~な~
 この後10分は仕事になんないんだろうな~
 この後二週間はだるいかもな~
等と冷静に分析しながら、
すぐに外に出れる環境に感謝しながら、
それに甘んじて表に出る。
これは結構最近気が付いて読んでみて、
実践してみて『確かに効果があるな』と思った方法。

4393364104.01._SS500_SCLZZZZZZZ_.jpg
TFT(思考場)療法入門―タッピングで不安、うつ、恐怖症を取り除く (単行本)
ロジャー・J. キャラハン著
価格: ¥ 2,625 (税込み)
単行本: 241ページ
出版社: 春秋社 (2001/12)
おかげさまで結構忙しい毎日を送っている。

平日はもちろんフルタイムで仕事させてもらって、
…とは言っても契約社員なので、
職務権限に見合う楽な仕事なんだけど…
暇な時間は職業訓練の意味も込めて、
新聞・雑誌・メルマガ・RSS・書籍など、
会社にいるうちに、
文庫本一冊以上の文字に『目を通す』ようにしている。
週末はカウンセラーの養成講座に通い、
日曜日は月に2度ほど親父バンドでドラムを叩いて過ごしている。

低気圧時に調子が悪くなるのはあんまり改善していないが、
それでも昨年と比較したら
『バイタリティのない健常者より元気な2割病人』
と言っていいくらいだろう。
20060618021521.jpg
檻のなかの子―憎悪にとらわれた少年の物語 トリイ・ヘイデン文庫
トリイ ヘイデン (著), Torey Hayden (原著), 入江 真佐子 (翻訳)
価格: ¥940 (税込)
文庫: 638 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 早川書房 ; ISBN: 4151102043 ; (2005/01)

ウンコのクリニックは予約制。
前回寝坊してしまい、
その後
『やっべ行かないと行かないと』
状態を悶々とすごした後、
やっと予約を取り直して行って来た。

後ろめたさが伴う、半ば強制的な修復作業って、
後回しにしてしまうケースが多い。
面倒なのである。
ウンコの場合、
現象をあるがままで捉えることが大嫌いで、
そりゃーおめぇ、そうなってんだからしょうがねぇべ、
などといった曖昧な落とし方が通用しない、
若い感じのビジネスライクな生き様を好んでした来たが故に、
得たものは無茶苦茶多かったし、
それって簡単に言えば仕事上の成績であり、
あと経験と言うよりは知識だったわけなのだけども、
一方同じだけ失ったものもあるわけで、
その際たるものが、
『お脳の健康』だったわけだが、
しみじみ感慨深く内省しちゃうことがある。
味わい不足だったなあ、オレ、という想いである。
通い始めてもう3ヶ月目になって、
実技ではかれこれ40時間くらいやったのかな、
主に『傾聴』という技法を実践させられている。

ロジャースの来談者中心療法の超初歩なので、
其の手の書籍を読み漁って分かったつもりになってる方は、
今回の記事を読む必要は無い。

さて、
この手法について詳述は面倒だからやらないが、
敢えて言うと、
鬱病(うつ状態含む)やら統合失調症やら、
其の他諸々、
病院の厄介になった方が宜しい方の、
お役には立ち難い。
ウンコは今のところ一度も五月病の自覚を持った事がない。
正確には、実際『罹患』していたとしても、
本人に自覚がなかったというべきかもしれない。

『五月病』は別に病名ではなく、
慣用句みたいなものであると前書きして。
弟君から原付を購入したのが2年前。
其れまで二輪などと言うものは、
事故⇒即死=乗る⇒即死
だと食わず嫌いだったのだが、
慣れてみるとあまりに面白過ぎて、
故障以前は本気で中免を取りに行くつもり満々だった。

んが、
結局そういう事情で未だ取りに行けてないわけだが、
最近また原付を見直し始めている。
SKIN:Babyish-
banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。